SUVユーザー注目!総合性能の高いタイヤならヨコハマ「BluEarth-XT AE61」でキマリ! ドライ・ウェット路面で感じた印象とは【PR】

2020年2月から販売されているヨコハマのクロスオーバーSUV向け最新サマータイヤが「BluEarth-XT AE61(ブルーアース・エックスティー・エーイーロクイチ)」です。実際に、マツダの大型SUV「CX−8」に装着して試した印象をお届けします。

人気最高潮のSUVへの専用タイヤとして、ヨコハマからの新提案!

 あらためて言うまでもなく、いま世界的にSUV車の人気が高まっています。

 2019年のデータを見てみると、ヨーロッパにおいてはSUVの販売台数が603万台となっており、販売台数全体の38%を占めるほど圧倒的な人気を博しています。これは、前年の2018年と比べて3.6ポイントも増えていることになります。

ヨコハマのSUV専用タイヤ BluEarth-XT AE61を大型SUVのCX-8で試した

 日本においても、日本カー・オブ・ザ・イヤー2019−2020にトヨタ「RAV4」が選ばれるなど、年々SUV人気が高まっています。コンパクトSUVを入れると、ここ数年はミニバンの人気を凌ぐ勢いがあるほどです。

 ヨコハマのBluEarth-XT AE61(以下ブルーアースXT)は、そんなSUVの中でも、街乗りや高速道路などオンロード走行がメインのクロスオーバーSUVがターゲットのサマータイヤです。

2019年12月に発表し、2020年2月より国内で発売開始された、最新のSUV専用タイヤになります。

ヨコハマタイヤ BluEarth-XT AE61[クリックで拡大]

 サイズラインナップは16インチから20インチ、55扁平から70扁平までの全18サイズ。これはホンダ「ヴェゼル」やトヨタ「C-HR」、日産「ジューク」やマツダ「CX-3」などのコンパクトSUVから、トヨタ「RAV4」、マツダ「CX-5」「CX-8」などのミドル〜ラージSUVまで、主だった国産SUVのサイズを用意していることになります。

 さて、そんなブルーアースXTとは一体どんなタイヤなのでしょうか。実際にマツダのフラッグシップSUV「CX-8」に、標準サイズの225/55R19 99Vを履かせてチェックしてみました。

■SUV専用はココが違う!ブルーアースXTの技術を詳しく見る【画像37枚】

外乱にも負けない直進安定性と、静粛性能の高さが際立つ

ブルーアースXTを装着したCX-8で高速道路を走行

 まずは高速道路の走行です。首都高速道路湾岸線を通り、東京湾アクアラインを使って千葉方面に向かいます。タイヤをブルーアースXTに履き換えて最初に感じたのは、まずはその静かさ。

 シャーッというパターンノイズも、ゴーッというロードノイズも少なく、気を配って設計されているのが良くわかります。

 タイヤからの騒音が減った分、いままであまり耳に届いていなかったシューッという風切り音や、ディーゼルエンジン特有のカラカラという音が、運転していて逆に気になってきたほどです。

強風時のレーンチェンジでもハンドリングのふらつきが抑えられている[クリックで拡大]

 これは、パターンノイズの音圧を分散させる「5ピッチ・バリエーション」や、リブのイン側に施したノイズを抑制するサイプ「サイレントグルーブ」、そしてエアポンピング音を抑制する「非貫通グルーブ&非貫通サイプ」などの、ブルーアースXTならではのトレッドパターン設計からきているようです。

 試乗当日のアクアラインの橋上は、道路情報板に「横風走行注意」が出ていたほど風が強く吹いていたのですが、外乱に強い直進安定性にも驚きました。

 背が高く重心の高いSUVはこういった横風に弱く、とくにレーンチェンジのときにふらつきがちなのですが、今回は風の強さをあまり気にせずに運転することができました。

大型SUVでも軽やかでスムーズな回頭性能を手に入れられる

ハンドル中立付近の遊びが少なく、クルマが自然に向きを変えていく

 続いて高速道路を下り、一般道のワインディング路を走ってみます。

 もともとマツダ車はハンドリングにこだわりを持つモデルが多く、大型SUVであるCX-8も全長4900mmという車体の大きさの割にスポーティな印象ですが、ブルーアースXTを履いたCX-8はハンドル中立付近の遊びが少なく、コーナーに入ってハンドルを切るとノーマルにも増して鼻先がシャープに方向を変えてくれます。

 このとき、それほどグリップ感が強いという手ごたえはありませんが、素直にコーナーをクリアしていくのがとても好印象です。別の表現をすると、ハンドルの舵角に比例してグリップ力が増していく、粘りのあるイメージです。

ブルーアースXTは大型SUVにもマッチングが良い[クリックで拡大]

 静粛性に配慮したタイヤだと、ハンドリングが往々にして「重くて鈍い」感じになったり、スポーティなタイヤだと「強く硬い」感じになりがちですが、ブルーアースXTは「軽やかでスムーズ」といった印象。

 コーナリング中にハンドルを切り足したり、逆に戻したりという細かい操作をあまりしなくてもよいため、終始気持ちのいいドライブができました。

 クルマそのものが持つ運動性能の高さもありますが、それをタイヤの性能がより一層高めているという印象です。ということは、ブルーアースXTと大型SUVのマッチングは良いということになります。

>>次のページへ

SUV専用はココが違う!ブルーアースXTの技術を詳しく見る【画像37枚】

画像ギャラリー

1 2

最新記事