“繋がる機能”標準装備となった新型「カローラ スポーツ」に市販ナビは装着できるのか?

コネクティッドカーが強調されて登場した新型「カローラ スポーツ」ですが、実際に購入する場合に気になることのひとつとして、ユーザーが好きなカーナビを装着できるかどうかということ。もし市販品を装着した場合、コネクティッドの機能はどうなるのでしょうか。

ヘルプネットやスマホ向けサービスは使える

 コネクティッドカーの全車標準装備が強調された新型「カローラ スポーツ」ですが、実際に購入する場合に気になることのひとつとして、ユーザーが好きな市販カーナビを装着できるかどうかということ。その場合コネクティッドの機能はどうなるのでしょうか。

カローラ スポーツ、グレードは「Z」

 新型カローラ スポーツでは、全車、オーディオやナビはなしという状態が基本でメーカーから出荷されユーザーの好みに応じて販売店オプションで装着することになります。

 T-Connectナビを販売店装着することで、人間のオペレーターと会話して目的地設定をしてもらうということや、セキュリティ機能でクルマの位置を確認する「カーファインダー」が可能になります。

 T-Connectナビを装着しない場合は「T-Connect DCM単体」というサービスとなり、万一の際に通報するなどの「ヘルプネット」や一部を除く「マイカーSecurity」の機能、さらにスマートフォン向けのMyTOYOTA for T-Connect、TCスマホナビが利用できます。

 つまり、T-Connectナビ向けの機能が利用できないだけで、”繋がる機能”のほとんどは利用可能です。天井にはヘルプネットのボタンが付いてオペレータとの会話ができるほか、盗難時に警備員を派遣することや、ドアロックの締め忘れをスマートフォンに通知したり、エンジンの始動通知やハザードランプの点灯などをスマートフォンで確認したりすることもできます。

ダッシュボード上の2DINスペースに市販ナビを装着可能

 では、実際に2DINサイズの市販カーナビは装着できるのでしょうか。答えはイエスです。T-Connectナビを装着した車内は、ダッシュボードの上のほうに液晶パネルだけがあるように見えますが、ここはいわゆる2DINスペースとなっています。

販売店オプションのT-Connectナビの液晶ディスプレイ。液晶だけにも見えるが、この場所は2DINスペースになっている

 カタログの説明ではT-Connectナビを装着しない「T-Connect DCM単体」を利用する場合は、T-Connectナビではないエントリーナビやナビ非装着時となっていますが、トヨタによればユーザーの好みの市販ナビを装着したり、既存のクルマのナビを新型カローラ スポーツに載せ替えたりすることも想定に入っているため、可能だということです。

 そして、市販ナビや市販オーディオを装着した場合、スピーカーはすでにクルマに標準装備されているため、結線するだけで音が出るようになっています。

ナビもオーディオも無しにもできる

 なお、オーディオもナビゲーションも全く搭載しないということも可能です。何も付けないとナビやオーディオを装着する2DINのスペースは穴が開いた状態で納車されてしまうため、販売店オプションでオーディオレスのためのカバーも用意しています。

ヘルプネットのボタンは天井部分にある

 いずれにせよ、新型カローラ スポーツは、ナビもオーディオも付いてない状態でも、「T-Connect DCM単体」の機能は利用でき、コネクティッドカーとしての活用が可能となっているのです。

【了】

新型車 カローラ スポーツの画像(9枚)

画像ギャラリー

最新記事