罰金最高50万円!車検切れ車の取締りへ「ナンバー自動読取取得装置」いよいよ本格運用開始

車検切れのまま公道を走っている車は国交省の試算から約20万台いるといいます。国交省は車検切れのまま公道を走る車のナンバーを自動で読み取って、取り締まる新システムをいよいよ本格運用するといいます。いったいどのようなシステムなのでしょうか。

うっかり車検切れでも公道を走ることは想像以上の「重罪」

 車検切れのまま公道を走っている車は国交省の試算から約20万台いるといいます。国交省は車検切れのまま公道を走る車のナンバーを自動で読み取って取り締まる、可搬式「ナンバー自動読取取得装置」の運用をいよいよ本格スタートするといいます。いったいどのようなシステムなのでしょうか。

カメラの前を車検切れの車が通ると、瞬時にナンバーを読み取り、パソコン画面に「HIT」の文字が大きく表示される(写真提供:国土交通省自動車局整備課)

 日本全国で保有されている車は8000万台強ですが、国交省の調査によると、そのうち車検が切れている自動車は2017年度末で約510万台(クルマ+バイク合計)もあります。ほとんどは車検が切れた後、放置された車とみられており、実際510万台のうち約345万台は5年以上車検が切れたままの車だそうです。

 しかし、車検切れのまま公道を走っている車も国交省の試算から20万台ほどいるとのことで、ドライバーが気付かないまま乗っているのか、切れているのを知っていて乗っているのかは不明ですが、20万台という数字には驚きです。

「車検切れ=自賠責保険切れ」のケースが多いはずなので、いわゆる「無保険車」がそれに近い台数走っている、ということにもなります。

「車検が切れた途端にクルマが危険になったり、環境に悪影響を与えたりするわけじゃないのに重罪?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、車検切れ(+自賠責保険切れ)のまま、公道を走行することは「無車検運行」と「無保険運行」という犯罪に相当します。

 速度違反や駐禁とは比べ物にならない重さで、罰金だけで比較すると酒気帯び運転に相当します。もちろん取り締まりで切られるのは「赤切符」で、原則として裁判所で罰則内容を言い渡される事になります。

●車検切れ
・6か月以下の懲役又は30万円以下の罰金
・違反点数6点
・30日間の免許停止(過去3年間に免停・免取の前歴が無い場合)

●自賠責保険切れ(車検切れ=自賠責切れのケースが多いので)
・1年以下の懲役または50万円以下の罰金
・違反点数6点
・30日間の免許停止(過去3年間に免停・免取の前歴が無い場合)

 実際、筆者の知人は車検切れに気づかないまま数か月乗っていて、ヘッドライトが切れていた(これは本人の認識あり)ことでパトカーに停められ、車検切れが発覚しました。そして罰金35万円!を納めることになったのです。自賠責も切れていたので本来なら罰金は50万円となるのですが、前歴がないことや、新車で買って最初の車検でうっかりミスだったことなどから、ヘッドライトの球切れと合わせて35万円となったようです。

可搬式「ナンバー自動読取取得装置」の詳細を写真で見る(7枚)

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事