ランクル、サーフ時代のRVブーム再来? 今年はSUV当たり年、RAV4、ジムニーなど続々登場

数年前から高まりを見せ、いま最高潮を迎えようとしているのが、SUVブームです。日本のみならず、世界的なムーヴメントとなっていますが、なぜこんなにSUVがもてはやされているのでしょうか。その要因を探ってみました。

パジェロ、サーフ…、SUVとアウトドアには密接な関係が存在

 最近は道を走ればSUVを見ない時はない、それくらいここ数年増えているのが、このカテゴリーです。なんと2015年には、世界の自動車販売の25%がSUVになっています(IHIオーティブ調べ)。なぜこれほどまでSUVブームになっているのでしょうか?

悪路を走破するかつて人気を誇ったトヨタ「サーフ」

 このムーブメントはアメリカから始まりましたが、原油価格の低下と景気向上がSUVの購買欲を誘ったというのが要因と言われています。そして潮流はヨーロッパやアジアにも広がり、我が国にも入ってきました。

 日本自動車販売協会連合会の調べによれば、日本国内での2017年度のSUV販売台数は、2013年度の5倍。メーカー別に販売台数の前年度比を見てみると、トヨタは63.1%増、マツダが53.6%増、スバルが35.6%増と、まさに成長市場であることが裏付けされています。

 実は過去にも、同じようなブームがありました。それは「RVブーム(4駆ブーム)」。80年代から90年代にかけて、好景気にのって四輪駆動車(RV車)が爆発的に売れました。

 人々のライフスタイルは多様化していきましたが、アウトドアで豊かな時間を過ごすというスタイルが、特にもてはやされました。その結果、スキーやキャンプが大ブームとなり、オフロード4WDはその生活のアイコン的存在となりました。当時の道には、「三菱・パジェロ」や「いすゞ・ビッグホーン」、「トヨタ・ランドクルーザー」「トヨタ・サーフ」という車種が溢れていたものです。

 実はこの時のRVブームと現在のSUVブームには、共通した要因があると多くの市場関係者は見ています。

 全国に直営店を展開する某アウトドアブランドの幹部は、「SUVとアウトドアには密接な関係が存在する」と言います。この幹部は、「ここ数年、弊社の商品の販売は好調ですが、他の市場を見回した時にSUVの好調さと比例している気がします。アウトドアレジャーを楽しみたい人にとって、SUVは冒険的で夢のある存在。アウトドア派は自分のライフスタイルを主張したい傾向が強いので、そういう意味でSUVはうってつけのアイテムなのではないでしょうか」と語っています。

 民間の市場調査会社がネット上で行ったアンケートでは、約4割の人が「最近、キャンプやBBQをやっている」と答え、そのほとんどが50代だったということです。そして、この50代こそがかつてのRVブームを支えた層でもあるのです。

新型「RAV4」からジムニー、サーフ等写真で振り返る(19枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事