レースの世界で培われた技術をフィードバック! 大型スポーツバイクCBR1000RRなど3車種登場 ホンダ

ホンダは、大型スーパースポーツモデル「CBR1000RR」「CBR1000RR SP」「CBR1000RR SP2」のカラーリングを一部変更し、発売と商談を開始します。また、ホンダワークスチームであるTeam HRCは、高橋巧選手が全日本ロードレース選手権で使用するマシンのカラーリングを初公開しました。

ターゲットはスポーツ走行を楽しむ30代から40代が中心

 ホンダは、大型スーパースポーツモデル「CBR1000RR」「CBR1000RR SP」「CBR1000RR SP2」の3車のカラーリングを一部変更し、「CBR1000RR」「CBR1000RR SP」は4月26日(木)に発売し、「CBR1000RR SP2」は3月15日(木)より商談受付を開始します。

「CBR1000RR」

 CBR1000RR、CBR1000RR SP、CBR1000RR SP2に設定したスポーティーなトリコロールイメージのカラーリング「グランプリレッド」は、ストライプデザインを一部変更しています。また、従来のCBR1000RR SPとCBR1000RR SP2にのみ採用していた、深みのある塗装面を実現するオーバーコートクリアを、CBR1000RRの「グランプリレッド」「マットバリスティックブラックメタリック」の両カラーリングにも施しています。

 CBR1000RRは、徹底した軽量・コンパクト化や電子制御技術の採用など、総合性能を高めた大型スーパースポーツモデルです。

 CBR1000RRをベースに、足回りなどの専用化とさらなる軽量化を図るなど、スポーツ走行時の楽しみを視野に入れた仕様のCBR1000RR SPと、そのCBR1000RR SPをベースに、レーシングマシンへの適応を前提としたエンジンのシリンダーヘッド、ピストンなどの専用設計や軽量な前後ホイールを採用するなど、サーキット走行やレース使用時の性能向上を図った特別な仕様のCBR1000RR SP2を設定しています。

●メーカー希望小売価格(税込み)
・CBR1000RR(マットバリスティックブラックメタリック):204万6600円
・CBR1000RR(グランプリレッド):207万9000円
・CBR1000RR SP(グランプリレッド):249万4800円
・CBR1000RR SP2(グランプリレッド):305万6400円

 なお、国内年間販売計画台数は、CBR1000RR/CBR1000RR SPが合計400台、CBR1000RR SP2は、20台限定です。

この記事の画像をもっと見る(9枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事