トヨタ新型「スポーツ”SUV”」世界初公開! めちゃ速な「4座仕様」! 斬新エアロが超カッコイイ「ハイパーF」バンコクで披露

トヨタのタイ法人は、カスタムカーイベント「バンコクオートサロン2024」にて、スポーツSUVのコンセプトカー「TOYOTA Hyper-F CONCEPT(ハイパーFコンセプト)」を世界初公開しました。

スーパーGTのデザインチームが空力性能を見据えたスタイリングを担当

 トヨタのタイ法人は、2024年6月26日から30日まで開催されたカスタムカーイベント「バンコクオートサロン2024」に11台のカスタムモデルを出展しました。
 
 なかでも世界初公開のスポーツSUVのコンセプトカー「TOYOTA Hyper-F CONCEPT(ハイパーFコンセプト)」に注目が集まりました。

めちゃカッコいい! スポーツSUVのコンセプトカー「TOYOTA Hyper-F CONCEPT(ハイパーFコンセプト)」
めちゃカッコいい! スポーツSUVのコンセプトカー「TOYOTA Hyper-F CONCEPT(ハイパーFコンセプト)」

 ハイパーFコンセプトは、トヨタ車の架装やカスタマイズブランド「モデリスタ」などを手掛けるトヨタカスタマイジング&ディベロップメントのタイ子会社「TCD-ASIA」が企画・開発したコンセプトカーです。

 ベースモデルは、トヨタが主に新興国向けに展開する「フォーチュナー」。2004年に誕生した3列シートSUVで、現行モデルは2015年登場の2代目となります。

 ボディサイズは全長4795mm×全幅1855mm×全高1835mm、ホイールベースは2750mm。日本で2023年まで販売されていた「ランドクルーザープラド」に近いサイズ感です。

 2.4リッターもしくは2.8リッターディーゼルターボエンジンが搭載され、4輪駆動もしくは2輪駆動モデルが設定されます。

 バリエーションも「フォーチュナー Leader」のほか「フォーチュナー Legender」「フォーチュナー GR SPORT」と多彩に用意され、タイでの販売価格は140万バーツ(約619万円)から196万9000バーツ(約670万円)まで。

 そんな主力モデルのフォーチュナーをベースに「スポーツハイパーラグジュアリースタイル」をコンセプトにつくられたのがハイパーFコンセプトです。

 TCD-ASIAのモータースポーツ活動において培った走破性能や空力性能を踏まえ、日本のスーパーGT参戦マシンを手がけるカーデザインチームがスタイリングを担当。

 フロントバンパーやスポイラー、フードエアダクト、前後オーバーフェンダー、フェンダーフィン、ルーフスポイラー、大型ディフューザー付きリアバンパーなどでイメージを一新させたています。

 足回りには22インチの大径鍛造アルミホイールを組み込むほか、新素材活用により更なる軽量化も実現させました。

 また室内にはスポーツシートを4座配置して、スポーツプレミアムな雰囲気を盛り立てます。

 パワートレインも性能向上し、ハイパーSUVモードで運転をより楽しくする新たなシステムとプログラムのチューニングを実施しているといいます。

 市販化の可能性などについては明らかにされていませんが、大いに期待されるところです。

【画像】めちゃカッコいい! トヨタ「新型スポーツSUV」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー