トヨタが「高級コンパクトミニバン」実車公開! 全長4.5m級“ちょうどイイ”サイズ×上質内装採用! 斬新“6角形グリル”採用の「ヴェロズ」タイで披露

トヨタのタイ法人は、バンコクで開催された「FAST・オート・ショー・タイランド」で「ヴェロズ」を展示しました。一体どのようなクルマなのでしょうか。

全長4.5m級のSUVミニバン「ヴェロズ」とは

 トヨタのタイ法人は2024年7月3日から7日まで、バンコクで開催された「FAST・オート・ショー・タイランド」にブース出展を実施しました。
 
 ブースでは、日本では展開されていない5ドアコンパクトミニバン「ヴェロズ」も展示されています。

トヨタ「ヴェロズ」
トヨタ「ヴェロズ」

 ヴェロズは新興国向け3列シートMPV(ミニバン)で、2011年11月のインドネシア発売を皮切りに主にASEAN地域などで販売されています。

 トヨタ「アバンザ」やダイハツ「セニア」とはプラットフォームなどを共通しており、ボディサイズは全長4475mm×全幅1750mm×全高1700mm、ホイールベース2750mmです。

 展開する地域では、未舗装の悪路が多いうえにスコールなどの豪雨にも見舞われることから、最低地上高は205mmとかなり高めに設定され、SUVとミニバンを融合させたようなスタイリングになっています。

 エクステリアはアバンザやセニアと共通していますが、上級モデルに位置づけられているため、ウインドウ周囲などにメッキ加飾などを用いて押し出しの強いイメージに仕上げています。

 フロントフェイスはボディサイドまで続くシャープなLEDヘッドライトを採用したほか、逆三角形のテクスチャを組み合わせた大型の六角形グリルを装着。

 リアは一文字のテールランプに下部はスキッドプレート形状のバンパーロアを組み合わせ、ボディサイズ以上の存在感を強めています。

 なお国内の3列シートミニバンとは異なり、後席のドアは通常のヒンジ式を採用しています。

 インテリアは前から2+3+2の3列シート配置を採用。直線基調のインパネでシンプルにまとめつつ、ブラック×ライトグレーのシックなカラーを設定したほか、各部にステッチやシルバー加飾をあしらうなど、上質さも追求しています。

 パワートレインは、1.5リッター直列4気筒エンジン×CVTで、駆動方式は2WDのみ。最高出力106馬力・最大トルク138Nmを発生します。

 安全装備としてはサイド・カーテンエアバッグにブラインドスポットモニター、リアクロストラフィックアラートなどを標準装備。上級モデルでは衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱防止支援、パノラミックビューモニターなども備えています。

 ラインナップはベーシックな「スマート」と上級モデル「プレミアム」の2タイプで、現地での価格は79万5000バーツ(約351万円)から87万5000バーツ(約387万円)に設定されています。

※ ※ ※

 このほか、FAST・オート・ショー・タイランドでは、「ヤリスクロス(東南アジア地域専用モデル)」「カローラクロス」「イノーバゼニックス」「ヤリス エイティブ」「フォーチュナー」なども展示されています。

【画像】超カッコイイ! これがトヨタの「コンパクト”SUV”ミニバン」です! 画像で見る(41枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー