トヨタ新型「カローラクロス」実車公開! “レクサス”級に超カッコイイ! 4年ぶり顔面刷新の「新“コンパクト”SUV」バンコクで披露

2024年7月3日から7日まで開催された「FAST Auto Show Thailand 2024」において、トヨタのタイ法人は2月に大規模なマイナーチェンジを実施したばかりの新型「カローラクロス」を出展しました。

“レクサス”級にカッコイイ「コンパクトSUV」を実車展示

 トヨタのタイ法人は、2024年7月3日から7日までバンコク国際展示場(BITEC)で開催された「FAST Auto Show Thailand 2024」において、最新のトヨタ車ラインナップを出展しました。
 
 そのなかには、2月にマイナーチェンジを実施しデザインを一新したばかりの新型「カローラクロス」の姿もありました。

日本にはいつ来る!? トヨタ新型「カローラクロス」マイナーチェンジモデル(写真はタイ仕様)
日本にはいつ来る!? トヨタ新型「カローラクロス」マイナーチェンジモデル(写真はタイ仕様)

 1966年から50年以上にわたってグローバルで展開されるトヨタの世界戦略車「カローラ」シリーズに2020年7月、新たに設定されたコンパクトSUVがカローラクロスです。

 タイでの発表時、トヨタはカローラクロスについて「ユーザーの期待を超える『車格感(力強さを感じさせる外観)』+『ユーティリティ(使い勝手の良さ)』の両立を目指し開発した」モデルだと説明しています。

 他のカローラシリーズ同様に、カローラクロスは最新のTNGA「GA-C」プラットフォームをベースに開発。コンパクトながら堂々としたスタイリングに加え、室内・荷室の広さにも配慮した仕上がりを特徴としています。

 タイでワールドプレミア後、カローラクロスはグローバルで展開を図り、日本でデビューを果たしたのは1年遅れの2021年9月のことでした。

 なおタイ仕様と日本仕様では、フロントグリルやバンパー周りを中心としたデザインが大きく異なっています。

 そして前述の通り2024年2月、デビュー4年目の大幅改良を実施しました。

 外観は「アーバン×プレミアム」をコンセプトに都市的なイメージに一新され、高級感を高めています。

 新デザインのフロントバンパー、フロントグリル、LEDヘッドライトなどにより、レクサス車を思わせるようなワイドでモダンな印象としているほか、ツートンカラーの新デザインのアロイホイールを採用しました。

 ボディサイズは、全長4460mm×全幅1825mm×1620mm。パワートレインには、1.8リッターガソリンエンジンと1.8リッターハイブリッドシステムを用意し、先進運転支援機能Toyota Safety Senseを全車に標準装備します。

 一方インテリアはより高級感のあるものに変更され、内装色もブラックに加え、新色「ダークローズ」を加えた2色設定としました。

※ ※ ※

 FAST Auto Show Thailand 2024のトヨタブースではこのほか、「ヤリスクロス」「イノーバ ゼニックス」「ヤリス」などの各ハイブリッドモデルやモデリスタのカスタマイズパーツを装着した「ヤリス エイティブ」、さらに商用トラック「ハイラックス チャンプ」「ハイラックス エボ」など各ラインナップを一堂に出展しました。

【画像】めちゃカッコいい! トヨタ新型「カローラクロス」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. フロントのハニカム?

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー