トヨタの新型「FJクルーザー」!? 丸目な「旧車デザイン」に反響多数!? 「これいいね!」「ゴツい!」など称賛の声! 「本格4WD」大胆予想CGに「復活希望」さらに沸騰!?

トヨタのSUV「FJクルーザー」の「次期型」を彷彿させるイメージCGが公開され、ネット上で「これで復活してほしい」などと話題になっています。

惜しまれつつ販売終了した人気車種

 トヨタのSUV「FJクルーザー」の“復活&次期型”を彷彿させるイメージCGが、ネット上で話題になっています。
 
 いったいどのような仕上がりで、どのような声があるのでしょうか。

新型「FJクルーザー」の予想レンダリング(Photo:Rain Prisk)
新型「FJクルーザー」の予想レンダリング(Photo:Rain Prisk)

 話題のレンダリングCGを作ったのは、エストニアを拠点に活動するグラフィックデザイナーRain Prisk氏。過去にもホンダのライトウェイトスポーツ「CR-X」を現代風にアレンジしたり、トヨタ「MR-2」の時期型モデルを”大胆予想”したCGを作製し、話題をもたらしています。

 さて、今回の作品は、トヨタの本格SUV「FJクルーザー」の”次期型”モデルです。

 FJクルーザーといえば、2006年に北米専用車としてデビューした、本格的クロスカントリー4WD車です。「ランドクルーザープラド」のラダーフレームにネオクラシックなデザインのボディを架装し、人気を博しました。

 2010年から日本でも展開されましたが、2018年に販売終了。さらに2022年には、世界展開も終了となりました。

 ボディサイズは全長4635mm×全幅1905mm×1840mm。パワートレインは日本仕様の場合、4リッターV6エンジンが最高出力276PS・最大トルク380Nmを発揮し、5速ATかつパートタイム式4WDが組み合わさっていました。

 レトロな雰囲気をモダンに仕立てたデザインが、今もファンのあいだで根強い人気があり、復活を願う声もあります。

 そんななか投下された”大胆予想”のCGですが、デザインはより角張ったタフなものに進化し、LEDヘッドライトを装備しさらにモダンに。特徴的な「観音開き4ドア」も受け継いでいます。フロントグリルはミニマル化しており、まるでEVのような近未来的な雰囲気にもなっています。

 ※ ※ ※

 Rain Prisk氏の大胆予想CGはネット上でも話題になり、「これいいね!」「これでいこう」「FJクルーザー予想の中でこれがベスト」「ぜひこれでFJクルーザーを現代に蘇らせてほしい!もちろん丸目ヘッドライトは残して」「フォード『ブロンコ』みたいにゴツくなってる!」など、期待する声が多数寄せられています。

 言うまでもなくこれは、あくまで個人の予想であり、正式な次期型FJクルーザーがこうなるわけではありません。しかし復活の可能性自体は完全には否定できないのは確かです。今後の動向に注目です。

【画像】超カッコイイ! これがトヨタ新型「FJクルーザー」の大胆予想イメージです(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー