「えっ、ETCゲートが開かない!?」うっかり車載器に「ETCカード」挿し忘れ! やりがちトラブルの「正しい対処方法」とは

高速道路などの料金所でも停止することなく通過できる、便利な「ETC」。しかしETCカードを挿し込むのを忘れて料金所のETCレーンに入ってしまった場合、どうなってしまうのでしょうか。

うっかり「ETCカード」を挿し忘れたら?

 高速道路などで「ETC」を利用すれば、料金所でいちいち停止して料金を支払うことなく、走行したまま料金所を通過することができます。
 
 しかしそのためには、適切に取り付けたETC車載器に、使用可能なETCカードを事前に挿し込んでおく必要があります。
 
 では、うっかり「ETCカードを挿し込んでいない状態」で料金所のETCレーンに入ってしまった場合、どう対処すれば良いのでしょうか。

うっかり「ETCカード」を挿し忘れたら?どうなる?
うっかり「ETCカード」を挿し忘れたら?どうなる?

 セキュリティ意識の高い自動車ユーザーは、クルマからETCカードが盗まれないよう、降車の度にETCカードを抜いているもの。

 しかしその場合、乗車時にETCカードを挿し忘れてしまうと、そのまま料金所のETCカードをレーンに入ってしまう可能性もあります。

 当然ですが、ETCカードが入っていないままETCレーンに入っても、料金所のバーが開かないので通過することはできません。

 高速道路を管理するNEXCO中日本に、この場合の対処方法について聞いたところ、以下の回答がありました。

「もしETCレーンに入ってしまった場合、バーの前で停車し、インターホンで係員に連絡してください。

 係員が対応しに来るので、ETCカードを所持しているのであれば、係員に渡してその場で精算することができます。

 また、この場合はETCカードを所持しているので、料金は『現金料金』ではなく『ETC料金』となります」

 そして、もしバーが開かない状態で無理に突破してしまうと「不正通行」とみなされるとのこと。

 例えば、バーが開くものと思い込んでそのまま進んでしまうなど、バーを突破してしまった場合は、安全な状態で管轄の高速道路会社に連絡し、正しく通行料金を支払いましょう。

 ちなみに、「ETCカード自体を家に忘れてしまった」といった場合は、そもそも高速道路に入る際に入口で通行券を取る「通常どおりの入場」しかできないため、ETC料金に割引されることはありません。

※ ※ ※

 このように、ETCレーンに入ってからカードの入れ忘れに気づいた場合には、慌てずにバーの前で停車してインターホンで係員に連絡しましょう。

 また、このとき絶対にしてはいけないのが、バックしてレーンから戻ろうとしたり、クルマから降りることです。

 これらは事故を誘発しかねない危険な行為ですので、バーを無理に突破することと同様、無理に戻る行為も避けてください。

【画像】「えっ…!」これが「2030年に使えなくなる」ETC車載器の見分け方です(9枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー