ご当地”図柄入りナンバー”「第4弾」が検討開始へ「自治体から強い希望の声」沖縄・広島などに続き

国土交通省は2024年7月2日、「図柄入りナンバープレート」について、今後どのようにしていくか、新たな図柄導入地域の追加をふくめ、検討していくと発表しました。

2023年以来の新規導入へ

 国土交通省は2024年7月2日、「図柄入りナンバープレート」について、今後どのようにしていくか、新たな図柄導入地域の追加をふくめ、検討していくと発表しました。

沖縄県のご当地ナンバーのデザイン(画像:沖縄県)。
沖縄県のご当地ナンバーのデザイン(画像:沖縄県)。

 地方版図柄入りナンバープレートは、2018年に全国の41地域でスタート。好評を受け、2020年には17地域、2023年には10地域で追加導入されました。

 たとえば2023年導入の「第3弾」では、広島ナンバーでは「広島カープ」、宇都宮ナンバーでは「いちご」、沖縄ナンバーでは「首里城とシーサー」がモチーフとなっています。通常はモノクロで、1000円以上の寄付金を払うことでカラーデザインが選択可能となっています。

 今回、第4弾の導入地域について、検討がスタートします。国土交通省は「未導入地域から早期の導入を希望されており、対応を求められている」としています。

 また、「全国版」図柄入りナンバープレートについても、2027年4月末の交付終了を控え、その後どうしていくかを議論するといいます。

 全国版図柄入りナンバープレートは、2022年4月に交付開始。全国47都道府県の花をモチーフとしたデザインで、「日本全体で立ち上がろう」という思いが込められているといいます。

 最初の検討会議は7月16日に開催される予定です。

【画像】超カッコいい!これが「最新の図柄ナンバー」のデザイン一覧です(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー