スズキの軽SUV「ハスラー」に“斬新クーペ仕様”あった! 悪路も走る「スポーツ軽自動車」に反響あり! 新ジャンル「ハスラークーペ」がカッコいい

スズキの人気SUV「ハスラー」には様々なバリエーションが展開されていますが、過去にはスポーティなボディを採用した「クーペ仕様」も存在。同車はどのような評価を得ているのでしょうか。

スズキ「ハスラー」のクーペ仕様!

 スズキは2024年5月24日、人気の軽乗用車「ハスラー」の一部改良を発表し、同時にフロントマスクをはじめとした異なる外装デザインを採用した新タイプ「タフワイルド」を発売しました。
 
 このように様々なバリエーション展開を行い人気の続くハスラーには、「クーペ仕様」が提案された過去もあり、同車については今でも様々な評価が見られます。

スズキの提案「ハスラークーペ」がカッコいい!
スズキの提案「ハスラークーペ」がカッコいい!

 ハスラーは、軽自動車でありながらワゴンとSUVを融合させた新ジャンルのクロスオーバーとして、2014年1月に初代が発売。

 そのコンセプト通り、広い車内スペースと悪路走破性能を両立し、アウトドア好きから郊外に居住するユーザーなどを中心に人気が高まりました。

 また、丸目2灯のヘッドライトが愛らしい表情を演出し、デザインが可愛いと購入を決めたオーナーも珍しくありません。

 現在販売されているモデルは2020年に全面刷新した2代目で、初代のキープコンセプトながら、初のマイルドハイブリッド仕様もラインナップするなど、より魅力を高めたモデルに進化しています。

 そんなハスラーは先述の通り、デザインの異なる様々なバリエーションが展開されてきましたが、いずれもボディ形状は基本的に四角いボクシーなスタイルを採用していました。

 しかし、スズキは過去にはスポーティなスタイリングをまとう、クーペ仕様のハスラーも提案していました。

 それが2013年の「第43回東京モーターショー」で実車が初公開された「ハスラークーペ」です。

 同車は通常のハスラーとは異なるリア下がりの流麗なキャビン形状を採用し、リアウィンドウの傾斜角度も大きく前傾。

 さらにリアドアのハンドルを窓枠の隣のCピラー内に隠すことで、一見すると片側1枚ドアに見える「クーペ」の名に相応しい一台を完成させていました。

 くわえて、ボディ下部に施される樹脂カバーの面積を通常のハスラーより増やし、車体をより薄く見せる工夫が凝らされています。

 このように、SUVでありながらボディを薄くスポーティに演出したハスラークーペは、ワクワクする未来を感じさせるコンセプトカーとして、市販直前のハスラーとともに展示されました。

 悪路走破性を備えた「タフなクーペSUV」という、かつてない新ジャンルを軽自動車に持ち込んだスズキ渾身のハスラークーペ。

 その後、通常のハスラーが発売した一方でハスラークーペは市販化されることはありませんでしたが、ハスラーに“クーペシルエット”というアイデアを組み合わせた斬新なバリエーション展開モデルとして、今でも記憶に残る一台となっています。

※ ※ ※

 このハスラークーペについて、SNSでは、「これ覚えています!面白いクルマが出るんだなと当時期待したけど出なかった…」「可愛いデザインが好きでハスラー買ったけど、クーペが売ってたらそっちにしてたかも」といった投稿があり、発売を待っていた人や市販化すれば買っていたという声も。

 また、「ホンダのN-BOXスラッシュを思い出すね」「あれも実用車のN-BOXをクーペ化したような面白いクルマだった」など、ハスラークーペ同様にクーペ仕様のバリエーション展開が行なわれた軽自動車について話が盛り上がる様子も見られます。

 そのほか、「クーペって言うなら左右2ドアにして欲しい」「普通のハスラーと同じ5ドアだとキャラが被るって」と、もっと尖ったキャラクターに期待する投稿や、「思い切って屋根の開くコンバーチブル仕様にすればライバル不在だし売れそうなのに」といった、オープンカー仕様を提案するユニークな声もありました。

【画像】「えっ…!」これが斬新な「ハスラークーペ」です!(43枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. あくまでもクーペ風であって、クーペじゃない┐('~`;)┌
    市販化されてもN/同様、一代で消える。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー