MTあり! スズキの「斬新4輪モデル」がスゴい! 高性能「4WD」×めちゃタフデザインで超楽しそう! 鮮烈「スズキイエロー」も設定の「ATV」が“偉業”達成

スズキは米国子会社がATV累計生産50万台を達成したと発表しました。

「ATV」 1983年発売後から各国で支持

 スズキは2024年6月28日、アメリカ子会社のスズキ・マニュファクチャリング・オブ・アメリカ(SMAC)が13日に、同国内でのATV累計生産50万台を達成したと発表しました。
 

スズキ「ATV」が米国で累計50万台達成
スズキ「ATV」が米国で累計50万台達成

 ATVとはオールテレインヴィークル(All Terrain Vehicle)の略で、小型のボディに棒型ハンドル、オフロードタイヤを備えるバギーのことを示します。

 パワーユニットなどは二輪車から流用されることが多く、乗車定員は2名から4名までとさまざまなものがあります。

 主に泥ねい地や岩場などの不整地で、ハンティングやトレイルライディングといったアウトドアレジャーを楽しむユーザー向けのモデルや、農業での運搬用途、軍事用など実用的なモデルも存在します。

 スズキでは1982年に初めて四輪タイプを開発し、販売を開始。主に米国やカナダ、豪州、ニュージランドで展開しています。2002年5月からはSMACがATVの現地生産を開始しています。

 以後、高い耐久性とコンパクトで取り回しの良さから主力市場の米国を始め、各国で高い評価を獲得。22年2ヶ月で累計生産50万台を達成しました。

 なお、現在ラインナップされているのは「KingQuad(キングクアッド)」シリーズと「QuadSport(クアッドスポーツ)」シリーズです。

 搭載エンジンによって3タイプがあり、376ccの「400」、493ccの「500」、722ccの「750」を用意します。いずれも選択式の4WDを採用し、単気筒エンジンとCVTまたはマニュアルミッションを組み合わせます。

 上級モデルではパワーステアリングが備わるほか、デフロック機構や大径ショックアブソーバー、スタビライザーバーを備え、堅牢性を確保。

 エクステリアデザインも精悍な2灯式ヘッドライトにスズキの四輪モデルをほうふつとさせるスタイリッシュなグリルやバンパー形状のスキッドプレートを備え、カラーもカモフラージュ柄となるなど、タフさを表現しています。

 一方のクアッドスポーツシリーズは、6歳以上の子どもが操縦できるよう乗りやすさを重視したタイプで、ボディサイズもコンパクトにまとめられ、親しみやすいイエローの軽量ボディを採用しています。

※ ※ ※

 キングクアッドの米国での価格は6949ドル(約112万円)から1万1399ドル(約184万円)、クアッドスポーツは2349ドル(約38万円)から3379ドル(約55万円)です。

 なお、いずれも日本での販売はありません。

【画像】超カッコイイ! これが「スズキの斬新モデル」です! 画像で見る(23枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー