福岡の大動脈「八木山バイパス」有料化へ秒読み!? 4車線化工事がNEXCOへ移管 2024年度中に「普通車280円」徴収開始へ

福岡県を東西に抜ける国道201号「八木山バイパス」の4車線化工事が、今年度中に一部先行開通となり、有料化されます。国土交通省は2024年6月25日、NEXCO西日本へ工事を引き継いだと発表しました。

NEXCO西日本が工事仕上げ そのまま有料運営へ

 国土交通省 福岡国道事務所は2024年6月25日、国道201号「八木山バイパス」の4車線化について、今年度中に先行開通となる西側区間について、NEXCO西日本へ工事を引き継いだと発表しました。

工事が進む八木山バイパス(画像:国土交通省)
工事が進む八木山バイパス(画像:国土交通省)

 八木山バイパスは、福岡市から飯塚市、田川市、行橋市をむすぶ国道201号のうち、嘉穂盆地へ抜ける厳しい峠越えの山岳区間をショートカットする道路です。

 1985年に有料道路として開通し、現在は無料のバイパスになっています。しかし、福岡県の主要東西軸を担うことから渋滞が激化し、4車線化が進められてきました。

 2024年度に西半分の篠栗~筑穂(5.6km)が、2029年度に東半分の筑穂~穂波東(7.7km)が開通予定となっています。

 さて、八木山バイパス4車線化は国とNEXCO西日本の「合併施行方式」で進められています。主たる道路施設の完成までを公共事業でおこない、”高速道路としての施設”である舗装や標識、料金所などの設備をNEXCOが仕上げ、開通後はNEXCOが「有料道路」として運営することになっています。

 今回、その「公共事業」部分がいよいよ完成し、NEXCO西日本による仕上げの段階に移行したということです。

※ ※ ※

 開通予定は今のところ「2024年度内」となっており、具体的な日時はまだ発表されていません。

 西半分の篠栗~筑穂の開通に合わせて、八木山バイパス全体(篠栗~筑穂~穂波東)がNEXCO西日本運営によって有料化されます。

 通行料金は、軽自動車220円、普通車280円、中型車330円、大型車450円、特大車760円、軽車両等30円(50ccを超え125cc以下の原付)です。

【画像】超便利!? これが「八木山バイパス」工事計画と現在状況です

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー