高速空白地帯「豊橋」が「新東名直結」に!? 将来は長野直結!?「浜松湖西豊橋道路」手続き進行中 自動車工業地帯に念願の高速道路

中部地方の新たな道路ネットワークとなる「浜松湖西豊橋道路」が、事業化に向けて手続きが進んでいます。どのようなルートで、計画はどこまで進んでいるのでしょうか。

中部地方の代表的流通港湾「三河港」

 中部地方の新たな道路ネットワークとなる「浜松湖西豊橋道路」が、事業化に向けて手続きが進んでいます。
 
 完成すればどれだけ便利になるのでしょうか。また話はどこまで進んでいるのでしょうか。

東名・新東名の三ヶ日JCT(画像:Google Earth)。
東名・新東名の三ヶ日JCT(画像:Google Earth)。

(あるいは新東名の浜松いなさJCT)までつなぐ高規格道路です。

 豊橋市は中核市であるものの高速道路が周辺になく、国道151号で豊川ICへ行くしかありません。信号待ちも多いほか、東京方面へはやや迂回になります。

 また、三河港は中部地方の自動車産業にとって重要な流通港湾ですが、その港湾へつなぐ道路の整備が不十分で、信号待ちや生活交通との混在が課題となっています。

 そのため、このエリアを信号のない高規格道路で東名・新東名へ直結するのが、この道路です。

 将来的には、浜松いなさJCTから北へ伸びる「三遠南信道」が、長野県飯田市で中央道に接続する予定。完成すれば、豊橋~松本という広域ネットワークが完成します。

 途中のICは三河港、国道23号、二川、新所原、三ケ日の5か所。時間短縮は、豊橋市内から新東名までが約5分、広いアクセス道路を持たなかった湖西市街(新所原など)からは、19分もの短縮が見込まれています。

 さて、気になる進捗ですが、すでに計画段階評価で「概略ルート」が決定。総延長約26kmで豊橋・二川の両市街地を通過する「西側ルート」になりました。

 それをもとに現在、都市計画決定と環境アセスメントという2つの手続きが行われている状況。これが終われば、いよいよ事業化待ちという段階になります。

 その環境アセスメントの手続きは、「方法書」「準備書」「評価書」の3段階のうち、最初の「方法書」のプロセスが始まろうとしています。方法書の縦覧は2024年7月19日から1か月間おこなわれる予定。その後、方法書への一般意見や実際の調査結果をふまえた「準備書」の作成段階へ移っていきます。

【画像】超便利!? これが「浜松湖西豊橋道路」の計画ルートです(6枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. そのコース、富士山が見えるんだよねぇ。
    SA/PAから富士山が見えるようにするべきか、黒幕張って見えないようにするべきか・・・

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー