自転車がサイドミラーに「ゴン!」その時どうする!? あなたも被害者・加害者になるかも! お互い「知らんぷり」が絶対ダメな理由とは

自転車は基本的に車道を走ることになっています。そのため、自動車と思わぬ接触が起きることも。実際に自転車でマイカーに当てられた場合、逆に自分が自転車でクルマへ接触してしまった場合、実際現場でどうすればいいのでしょうか。

自転車と自動車、もし接触したらどうする?

 自転車は車道の路肩を走ることも多く、クルマのすぐ横をすり抜けていく状況もよく見られます。
 
 そんな中、自転車のハンドルがサイドミラーに当たってしまうこともあるかもしれません。それでなくとも、両者のあいだで不慮の接触が起きる可能性が常にあります。
 
 もし、自分のクルマが自転車に当てられた場合、逆に自分が自転車でクルマに当ててしまった場合、どう対処すればいいのでしょうか。

自転車と接触してしまった!どうする!?(画像:写真AC)。
自転車と接触してしまった!どうする!?(画像:写真AC)。

 まず、クルマを運転中に、自転車が車のサイドミラーに「ゴン!」とぶつかってきた場合、どうすればよいのでしょうか。

 車を運転中、自転車に接触された場合、最初に安全な場所に車を停めてエンジンを切り、自転車の運転者とのあいだで、まずお互いの身体にダメージがないか確認しましょう。

 相手が自転車であっても、りっぱな接触事故扱いになります。警察へ連絡し「現在地」や「自転車の特徴」を伝えてください。「事故が起きた状況」「車の損害状況」も報告します。

 また、自分の怪我の有無、車の損傷具合に関わらず、保険会社にも連絡をし、状況を伝えることが必要です。

 事故現場でやってはいけないのが「当事者同士だけで」示談交渉や賠償金に関して勝手にやりとりしてしまうことです。その場でお互い話し合って進めるのではなく、保険会社への相談をおすすめします。

 保険会社は事故処理経験が豊富で、第三者の立場でもあります。事故に遭遇してナーバスになっている当事者よりも、ずっと適切な対応が可能です。

 というのも、事故責任の割合やお互いの怪我の有無、修理費用がわからない状況で進めてしまうと、あとになって状況が変わる可能性があるからです。特に事故直後は緊張していて身体への影響はないように感じるかもしれませんが、後から身体に異常が出る場合もあります。

【画像】激写!これが周囲を考えず爆走する「迷惑自転車」の様子です

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2 3 4

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー