160万円でMTあり!? ホンダ新型「爆売れ国民車」実車公開! 最小&最安コンパクトカー「ブリオ」尼に登場

ホンダのインドネシア法人は、2024年6月12日からジャカルタ市内の国際展示場で開催中の「ジャカルタ・フェア・クマヨラン2024」にて、コンパクトカー「ブリオ」の最新モデルを展示しています。

インドネシアで人気を博す「ブリオ」がIIMS2024に登場

 ホンダのインドネシア法人は、2024年6月12日からジャカルタ市内の国際展示場で開催中のジャカルタ・フェア・クマヨラン2024にて、新型「ブリオ」を展示中。いったいどのようなクルマなのでしょうか。

ホンダの爆売れコンパクトカー「ブリオ」
ホンダの爆売れコンパクトカー「ブリオ」

 ホンダのコンパクトカー「ブリオ」は初代モデルが2011年に登場。タイやインド、インドネシアなど、アジアを中心に複数国で展開されています。

 インドネシア市場におけるホンダ車のなかでは、最小・最安価なモデルです。

「安くて高性能」を魅力として、同国での累計販売台数は50万台を突破、2020年・2022年には販売台数No.1記録を更新するほどで、まさにインドネシアの「国民車」とも言える人気を誇っています。

 現行モデルは2018年に登場した2代目。最新のマイナーチェンジモデルは2023年5月に登場したばかりとなっています。

 ボディサイズは全長3795-3810mm×全幅1680mm×全高1485mmで、日本展開の同系車種と比較すると「フィット」よりもやや小さめといったサイズ感。

 CVTと5速MTの2タイプが設定されています。いずれもガソリン車のみ展開で、「i-VTEC」搭載の1.2リッター4気筒エンジンを搭載し、最大出力90馬力、最大トルク110Nmを発揮します。

 エクステリアは、新たにLEDヘッドライト・フォグランプを採用し、フロントグリル、ミラーなどはよりスポーティな印象に変化。ボディカラーに新色「エレクトリックライムメタリック」が登場しています。

 インテリアは、シートデザインの変更のほか、メータークラスター、ダッシュボード、ワンプッシュイグニッション、アンビエントライトなどの新装備が追加されています。

 グレード展開は、標準系の「サティアS」「サティアE」に加え、スポーティ系の「RS」が展開されます。

 販売価格は「サティアS」が1億6590万ルピア(約160万円)から、RSが2億3390万ルピア(約226万円)となっています。

 そんな最新型ブリオが、ジャカルタのイベント「ジャカルタ・フェア・クマヨラン」で実車公開されます。同イベントは東南アジア最大級の展示会で、昨年はのべ630万人の来場者を記録し大盛況となっています。

 ホンダブースでは「ブリオ」のほか、「WR-V RS」「BR-V N7X エディション」「HR-V 1.5L SE」が展示される予定です。ジャカルタ・フェア・クマヨラン2024の会期は7月14日まで。

【画像】超カッコイイ! ホンダ“最小&最安コンパクトカー”「ブリオ」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. へぇ~。俺は、初代ブリオから知っていたが、
    国内販売していたらパッソブーンのユーザーを取り込めたのに。
    これだからホンダは、商売下手くそなんだよ。
    まぁ。今のホンダ経営陣は、ホンダ“にわか”なんでテスラやBYD意識しまくって電動化戦略打ち出しているが、大失敗してトヨタと合併だなww

  2. なんかホンダデザインぽくない
    スズキっぽいイメージ
    欲しくはないかな

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー