ホントに軽自動車!? めちゃワイルドな「超ゴツゴツ」ボディがカッコいい! タフに使える「悪路も走れる軽自動車」3選

最近のアウトドア志向や都市生活の多様化により、軽自動車市場でクロスオーバー系モデルが注目されています。今回はワイルドな軽自動車3台を紹介します。

流行りのクロスオーバー系軽自動車とは?

 昨今、アウトドア志向や都市生活の多様化に伴い、軽自動車市場でもクロスオーバー系のモデルが注目を集めています。
 
 軽自動車の経済性やコンパクトさを保ちながら、SUVのような力強いデザインや高い走行性能を兼ね備えたクロスオーバー系軽自動車は、多くのユーザーにとって理想的な選択肢となるでしょう。
 
 今回は、現行のタフでゴツゴツしているワイルドな軽自動車を3台紹介します。

普通車顔負け!? タフな軽自動車とは?
普通車顔負け!? タフな軽自動車とは?

●スズキ「ハスラー タフワイルド」

 ハスラーはスズキの軽クロスオーバーSUVで、初代モデルは2014年に登場しました。

 軽自動車の使いやすさを維持しつつ、未舗装路などの多少荒れた路面でも走行できるため、日常使いからアウトドアを楽しむユーザーまで、幅広い層から支持されています。

 現行モデルとなる2代目は2020年にデビュー。

 そして2024年5月に新たに設定されたのがハスラータフワイルドです。

 このクルマは、ハスラーをさらにタフな存在に昇華したモデルで、エクステリアには専用フロントグリル、メッキバンパーガーニッシュ、タフワイルドエンブレム、ブラックメタリックの15インチアルミホイール、ルーフレールを採用。

 インテリアには、撥水加工が施されたファブリックシート表皮やドアトリムクロス、マットカーキを基調とした専用インテリアカラーが特徴で、アクティブな印象を醸し出しています。

 パワートレインは最高出力49ps・最大トルク58Nmを発揮する660cc直列3気筒エンジンと、最高出力64ps・最大トルク88Nmを発揮するターボエンジンを設定。

 それぞれ2WDと4WDから選択可能で、これらにCVTが組み合わされます。

 タフワイルドの価格(消費税込、以下同)は176万円から202万1800円です。

●ダイハツ「タント ファンクロス」

 タントの初代モデルは2003年に登場し、軽自動車のスーパーハイトワゴンというジャンルを確立しました。

 両側パワースライドドアや、センターピラーをドアに内蔵して広い開口部を実現した「ミラクルオープンドア」の採用で人気を博しました。

 現行モデルの4代目は、2019年7月にデビュー。

 そして2022年10月に新たなバリエーションとして、タント ファンクロスが追加されました。

 このモデルは、アウトドアシーンにマッチするアクティブなデザインとタフな外観を持ち、SUV風のエクステリアを採用。

 また、ルーフキャリアの積載を想定したルーフレールも装備されています。

 インテリアには撥水加工が施されたカモフラージュ柄のシートを採用し、タフな印象を強調しています。

 パワートレインは最高出力52ps・最大トルク60Nmを発揮する660cc直列3気筒エンジンと、最高出力64ps・最大トルク100Nmを発揮するターボエンジンを設定。

 それぞれ2WDと4WDから選択可能で、これらにCVTが組み合わされます。

 価格は168万8500円から193万500円となっています。

●三菱「eKクロスEV」

「いい軽(=eK)」として誕生した「eKワゴン」ですが、2019年のフルモデルチェンジにおいて、SUVテイストの「eKクロス」が設定されました。

 そこにEVの要素を追加したクルマとして、2022年5月に「eKクロスEV」を発表。

 このクルマは日産「サクラ」とプラットフォームを共有しているものの、内外装のデザインは大きく異なっています。

 エクステリアはeKクロスに準ずるデザインとなっており、フロントフェイスは新型「アウトランダーPHEV」や「デリカD:5」などと同様の「ダイナミックシールド」を採用。

 インテリアはEVでありながらもSUVのようなアクティブさを感じられるものに仕上がっています。

 パワートレインは前輪駆動モーターを搭載し、最高出力64ps・最大トルク195Nmを発揮。

 また総電力量20kWhの駆動用バッテリーを搭載し、通勤や買物、送迎といった日常使いに十分な一充電走行距離180kmを実現しています。

 ほかにも一般家庭の約1日分の電力消費量に匹敵する大容量の電気が使え、非常時の電源として有効利用することができます。

 価格は256万8500円から313万1700円です。

【画像】超カッコイイ! これが「超ゴツゴツボディ」の軽自動車です(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 諸元とか全然分からないけど一番タフなのは軽トラじゃないの?
    装備最低限でコスパも低ければ唯一何かに弱点があっても簡単に乗り換えられるってのも、安心して傷付けられるからある意味タフ。林業や土木だと車だけじゃなく乗り手もタフなのかな?プライベートの運転は全く違うだろうが。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー