日産新型「セレナ“ミニ”」登場は? シエンタ&フリード対抗の「小型ミニバン」は? 実はあった「小さな3列車」 ユーザーの声いかに

日産にはコンパクトミニバンが無いと言われています。ホンダ「フリード」やトヨタ「シエンタ」に対抗出来るモデルは無いのでしょうか。

日産「セレナミニ」の登場は?

 最近、ホンダは「フリード」をフルモデルチェンジ、トヨタは「シエンタ」を一部改良と、コンパクトミニバンに注目が集まっています。
 
 一方で現在、日産にはフリードやシエンタの直接的なライバルと言えるモデルはありません。
 
 果たして「セレナミニ」が登場する可能性はあるのでしょうか。

いま日産が日本市場で展開するコンパクトミニバンに近いのは商用車の「NV200バネット(ワゴンに5人乗り/7人乗)」が近しい
いま日産が日本市場で展開するコンパクトミニバンに近いのは商用車の「NV200バネット(ワゴンに5人乗り/7人乗)」が近しい

 車体が小型のため取り回しが良く、高くて広い視界のため運転もしやすい。さらにモノがたくさん積めて最大7人まで乗れる。

 コンパクトミニバンにはこのような機能性が凝縮されています。それゆえ高い人気のあるカテゴリです。

 その市カテゴリに動きがありました。前述の通りホンダは、2024年6月にフリードをフルモデルチェンジ。トヨタも、2024年5月にシエンタの一部改良を行いました。

 日本でもミニバンは、コンパクト、ミドルサイズ・ラージサイズに大きく分けることが出来ます。

 フリードやシエンタはコンパクト、ノア/ヴォクシー、ステップワゴン、セレナ、デリカ D:5はミドルサイズ、アルファード/ヴェルファイア、グランエース、オデッセイ、エルグランドはラージサイズと分けられます。

 これを見ると、トヨタ・ホンダ・日産はバランスよくラインナップしているように見えますが、日産だけコンパクトを持っていません。

 なお最近ではミドルサイズに分類されるモデルの巨大化が進んでいいるものの、コンパクトに分類されるフリードとシエンタは全長4.3m以下に押さえています。

 2台のボディサイズを比較してみるとフリードの現行型(6月発売予定の新型は未公表)のボディサイズは、全長4295×全幅1695×全高1735mm(最大値)に対してシエンタは全長4260×全幅1695×全高1715mmです。

 現在日産には、このサイズに当てはまるコンパクトミニバンは日本市場にはなく、唯一商用車の「NV200バネット(ワゴンに5人乗り/7人乗)」が近しい存在と言えます。

 ワゴンのボディサイズは、全長4400mm×全幅1690mm×全高1850mmと、フリードやシエンタよりは大きなサイズです。

 なお、海外ではアジアや欧州でコンパクトなサイズのミニバンが存在しています。 
 
 実は日産にもかつてコンパクトミニバンといえるモデルがありました。それは「キューブ」と「ラフェスタ ハイウェイスター」です。

 キューブは1998年に初代が登場し、2001年に2代目に進化。2008年に3代目が登場しました。

 2代目には3列シート/7人乗りの「キューブ キュービック」というモデルも追加。しかし、キュービックは3代目には引き継がれていません。

 キューブは日産の中でも人気モデルとなりましたが、2019年に生産終了となります。

 キューブにスライドドアの設定はありませんでしたが、パッケージとしてはコンパクトミニバンに近いものがありました。

 一方ラフェスタ ハイウェイスターは、マツダ「プレマシー」のOEM車として2011年に登場しました。

 こちらは両側スライドドアを採用した3列シート・7人乗り仕様のため、コンパクトミニバンといえるパッケージです。

 しかしラフェスタ ハイウェイスターも2018年に生産終了しています。

 そのため2024年現在、日産でのコンパクトミニバン需要はセレナが背負っている状況です。

【画像】「えっ…!」日産「小型ミニバン」これです。画像を見る!(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

3件のコメント

  1. 日産のコンパクトミニバンには、プレーリーというパルサーベースの名車がありましたよ。初代はセンターピラーレスで、両側スライドドア。風がよく通るので駐車中にも快適な空間が構成できました。多分世界初のピラーレス両側スライドドア車でではないでしょうか? これに刺激を受けてアメリカのミニバンが進化したように聞いたことがあります。
    直線基調のラインでしたから、今日のトレンドとは全く合わないものです。

  2. ワゴンのボディサイズは、全長4400mm×全幅169mm×全高1850mmと、フリードやシエンタよりは大きなサイズです。
    寸法間違い発見:169mm?

    • このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー