トヨタ新型「コンフォート+」発表! 約700万円の斬新「サメ顔モデル」! 4.3m級の「コンパクトSUV」波に登場

トヨタのポーランド法人は2024年5月27日、「C-HRプラグインハイブリッド」に新グレード「コンフォートプラス」を設定しました。どのようなモデルなのでしょうか。

トヨタの新「コンフォート+」誕生

 トヨタのポーランド法人は2024年5月27日、コンパクトSUV「C-HRプラグインハイブリッド」に新しいエントリーグレードとして「コンフォートプラス」を設定しました。

廉価仕様もイイ!
廉価仕様もイイ!

 C-HRは、全長4.3~4.5m程度のC-SUVセグメントの世界戦略車として2016年にデビュー。トルコ工場が生産を担う欧州市場では好調な販売を維持し、累計販売台数80万台超を記録しました。

 日本での生産、販売は初代で終了しましたが、欧州市場では2023年にフルモデルチェンジを受けた2代目が順次、各国で販売が始まっています。

 新型のボディサイズは全長4362mm×全幅1832mm×全高1564mm、ホイールベース2640mm。ポーランドで展開されるパワートレインは、1.8リッターハイブリッド、2リッターハイブリッド、2リッタープラグインハイブリッドの3種類です。

 今回、新エントリーグレードとして追加されたコンフォートプラスは、2リッタープラグインハイブリッド車(PHEV)となります。最高出力152HP(112kW)の2リッターガソリンエンジンと同163HP(120kW)のモーター、容量13.6kWhのリチウムイオン電池を組み合わせており、システム最高出力223HP (164 kW)を発生。EVモードでの航続距離は最長66kmです。

 パワートレインのスペックに上位グレードとの差はありませんが、装備面をみると、ホイールサイズやセンターモニターが小さかったり、バンパーなどにピアノブラック塗装が施されていなかったり、デジタル機能が簡略化されていたりと、上位グレードと比べると見劣りしますが、その分、価格は抑えられ、17万6900ズウォティ(約700万円)となっています。

 これまでエントリーを担っていた「スタイル」の18万1900ズウォティ(約720万円)と比べて装備差に納得できれば、コスパ的にも満足できるグレードといえます。参考までに同じパワートレインを搭載するプリウスプラグインハイブリッドは19万9900ズウォティ(約790万円)からとなっています。

トヨタ・C-HR のカタログ情報を見る

【画像】超カッコイイ! トヨタ新型「コンフォート+」の画像を見る(50枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー