カリスマモデルが愛車「ポルシェ」と“さよなら”! オープンカーから乗り換えた“Mベンツ”で黒田知永子が「やらかしちゃった」こととは

カリスマモデルの黒田知永子さんが自身のインスタグラムを2024年5月27日に更新し、愛車「ボクスター」との別れを報告しています。

カリスマモデル「チコ」さんが愛車を手放した理由とは

 モデルの黒田知永子さんが自身のインスタグラムを2024年5月27日に更新し、愛車だったポルシェ「ボクスター」との別れをつづっています。

カリスマモデル「チコ」さんが「乗り換えた」理由とは[写真は最新のポルシェ「718ボクスター」]
カリスマモデル「チコ」さんが「乗り換えた」理由とは[写真は最新のポルシェ「718ボクスター」]

 黒田さんは公式インスタグラムで、以下のコメントとともに1枚の写真を投稿。

「ちょっと前ですが…

 クルマを変える時、記念に撮った写真。大好きだったぽーちゃん(ポルシェ「ボクスター」)とお別れ。

 いつかまた乗りたいなぁ~と思ってます」

 写真には黒のボディカラーが光るポルシェ ボクスターと黒田さんとの2ショットが映し出されています。

 ボクスターといえば、ポルシェのミッドシップ2シーターオープンカーです。

 現行モデルは2016年に登場した4代目で、特徴として数々のレースで優勝を飾ったミッドシップエンジンスポーツカー「ポルシェ 718」から続く伝統的な水平対向4気筒エンジンを継承。ダウンサイジングターボとの組み合わせで、高いパフォーマンスを発揮しています。

 最新モデルの販売価格(消費税込み)は、879万円からです。

 投稿を見たユーザーからは「かっこよ!」「攻めてますね~」「似合い過ぎ!」などさまざまな反応が寄せられています。

 なかには「渋谷で見かけたことがあり、あの時は嬉しくて飛び上がってしまいました! 本当に美しくてカッコよかったです」と黒田さんのポルシェボクスターを運転する姿を目にしたことのあるユーザーからの声も寄せられていました。

※ ※ ※

 また黒田さんは、音声配信アプリを通じてボクスターとの思い出や手放したいきさつなどについて話しています。

 そこでは「すごくかわいくて大好きなクルマ」だったとボクスターを紹介。

 ただ趣味のゴルフに使うにはトランクが小さく、キャリーバッグを助手席に置かなければならないことから、1年ほど前に2ドアクーペのメルセデス・ベンツへ乗り換えたといいます。

 しかし長く乗った左ハンドルのボクスターに対し、メルセデスは右ハンドル仕様で「しばらく運転しづらかった」とし、乗り換えてすぐのころにホイールをこすってしまい「涙がちょろりって感じ」と告白。今もそのまま乗っているのだといいます。

 さらに最新の先進運転支援機能による警告音や緊急自動ブレーキなどの作動に慣れないようで「良くクルマから注意されるの」と笑っていました。

 黒田さんは「いつかまたポルシェに乗りたい」と話し、かつての愛車を懐かしんでいる様子でした。

【画像】「ポルシェは優しすぎる」!? 意外過ぎる「リコール再対策」を画像で見る(27枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

ポルシェ正規販売店から718ボクスターオーナーに届いた案内状(オーナーの許可を得て撮影しています)
国土交通省 自動車改善対策 届出番号 外-0557-0「改善箇所説明図」より抜粋
(上)紙巻たばこ/(下)加熱式たばこ
ポルシェ 718ケイマン/718ボクスター 吸気システム概念図
ポルシェ 718ボクスター エンジンレイアウト概念図
ポルシェ 718ケイマン エンジンレイアウト概念図
国土交通省 自動車改善対策 届出番号 外-0557-0「改善箇所説明図」より抜粋
ポルシェ 718ボクスター
ポルシェ 718ボクスター
ポルシェ 718ケイマンS
ポルシェ 718ケイマン 内装
ポルシェ 718ボクスター GTS4.0
1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー