三菱「新型SUV」公開!“黒”感強めなスポーティ仕様! 3列7人乗りもある「エリートLE」に「欲しい」の声も! 新たな「パジェロS」インドネシアに登場で反響集まる

三菱のインドネシア法人は2024年5月8日に、3列シートSUV「パジェロスポーツ」に新たな特別仕様車を設定しました。日本未発売の新型車に対し、SNSなどには様々な反響が寄せられています。

復活に期待大! 特別感高めた新型「パジェロスポーツ」が登場

 三菱自動車工業(以下、三菱)のインドネシア法人は2024年5月8日、現地生産の「パジェロスポーツ」に新たな特別仕様車を設定し、800台限定で発売すると発表しました。
 
 日本では見ることができないミドルクラスSUVに対し、多くの声が集まっています。

めちゃカッコイイ! 新型「パジェロスポーツ エリート リミテッド エディション」
めちゃカッコイイ! 新型「パジェロスポーツ エリート リミテッド エディション」

 パジェロスポーツは、三菱がかつて販売していた本格四輪駆動車「パジェロ」で培ったオフロード性能や信頼性を継承するミドルサイズSUV。

 その始まりは、1996年に日本で生産、販売が始まった「チャレンジャー」で、その後生産・販売の中心はASEANへシフトし、車名もパジェロスポーツになりました。

 現行型は2015年に登場した3代目で、世界80か国以上で販売されていますが、日本への導入は行われていません。

 ピックアップトラック「トライトン」をベースにした頑丈なラダーフレーム構造を採用し、エクステリアは最新のフェイスデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を中心に、先進性と力強さを表現しています。

 ボディサイズは全長4825mm×全幅1815mm×全高1835mm、ホイールベース2800mm。乗車定員は3列シート・7人乗りです。

 今回発表された特別仕様車「エリート リミテッド エディション」は、パールホワイトのボディカラーをベースに、グリル、ルーフ、バンパーロアプロテクター、リアスポイラー、ホイールなどにブラックの塗装を施し、スポーティなイメージとしたモデル。装備面では、プレミアムオーディオシステムを追加しています。

 最高出力181ps/最大トルク430Nmの2.4リッターディーゼルエンジンを搭載する主力グレード「ダカール」(2WD・8速AT)がベースで、価格は、ベース車より600万ルピア(約5万8000円)高の6億4140万ルピア(約625万円)です。

※ ※ ※

 そんな日本未発売の新型車に対し、SNSなどには様々な反響が寄せられています。

 多かったのは「日本でも売って欲しい」「限定でイイから売れば良いのに」といった声でした。

 一方で「法規対応が難しいって話らしい」「安全装備がないのが厳しいのかな」など、国内導入されない理由について推察する意見も見られます。

 また「(パジェロスポーツのベースとなった)トライトンが新型になったから、いずれ新型も出るのでは」「新型パジェロスポーツは日本に来て欲しいな」と、次期型に期待するコメントもありました。

 さらに、一部新聞報道で「国内にパジェロ復活か」とのニュースもあったことと結び付け「次期パジェロスポーツが新型“パジェロ”になるのかな」と予想する声も。

 このように三菱ファンによる期待感は非常に高く、今後の動向にも大いに期待したいところです。

【画像】超カッコイイ! 三菱「新型SUV」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー