「レクサス史上最もカッコイイ」の声も!? 新型「すごいSUV」発表! 「上質な走り」全面進化の「GX550 オーバートレイル」予約殺到に反響多数!?

レクサスの新型SUV「GX550」の先行限定モデル「GX550 OVERTRAIL+」が、売れ行き好調となっているといい、ネット上でも反響が集まっています。いったいどんなクルマで、どんな声が上がっているのでしょうか。

「100台限定」の超タフ系モデル

 レクサスの新型SUV「GX550」の先行限定モデル「GX550 OVERTRAIL+」が、売れ行き好調となっているといい、ネット上でも反響が集まっています。
 
 2024年4月19日に予約開始されたこの限定モデル、いったいどんなクルマで、どんな声が上がっているのでしょうか。

新型「GX550 オーバートレイル プラス」
新型「GX550 オーバートレイル プラス」

 レクサスのオフロードSUV「GX」は、初代モデルが2002年に登場。ラダーフレーム構造を採用して優れた悪路走破性と上質なインテリアを両立し、、世界約30の国と地域で2023年3月末までに累計約54万台を販売するロングセラーとなっています。

 これまで海外展開のみで、日本導入を求める声が高まっていました。今回、新型モデルである「GX550」がついに日本でも展開されることになりました。発売は2024年秋頃の予定です。

 GXの今回のモデルチェンジでは、クルマのベースとなる体幹の部分から大きく刷新。コンセプトは「ザ・プレミアム・オフローダー」で、最新の「GA-Fプラットフォーム」を採用し、優れた衝突安全性能や高剛性化、静粛性の向上などにより、あらゆる道で上質な走りの実現が図られています。

 ボディサイズは、全長4950mm×全幅1980mm×全高1870mm、ホイールベース2850mm。

 外装はオフローダーらしい”タフでモダンなプロポーション”で、フロントには、近年のレクサスに導入される「スピンドルボディ」をふまえたプロテクターデザインです。

 内装は水平・垂直を基調にシンプルなデザイン。オフロード仕様ならではの機能を備えた室内空間となっています。

 さて、限定モデル「オーバートレイル プラス」は、そんな「GX」をさらにタフにグレードアップしたクルマになっています。2列シートの5人乗りです。

 エクステリアは、走行性能を高める265/65R18サイズの専用オールテレーンタイヤ、マットグレー塗装のアルミホイールなど、よりタフさが演出されているほか、サスペンションシステムに「E-KDSS(Electronic-Kinetic Dynamic Suspension System)」を新採用。ブレーキも最新の「マルチテレインセレクト」「クロールコントロール」で制御されています。

 パワートレインは、最高出力353ps・最大トルク650Nmの高出力・大トルクを発揮する3.5リッターV型6気筒「V35A-FTS」型ガソリンツインターボエンジンに、10速ATが組み合わさっています。

 販売価格(消費税込み)は1235万円です。

「100台限定の抽選販売」で、販売店では抽選予約について「かなり申込みが入ってます」(都内販売店スタッフ)とのことで、「日本上陸」にかなりの注目が集まっていることがうかがえます。

※ ※ ※

 ネット上では「今でのレクサスで一番かっこいい」「レクサス史上1番格好良くて好き」「無骨でカッコイイ」「抜群にカッコイイ」「OVERTRAIL+は本当にカッコいいですね。LX以上にオフロードどんと来いという力強さを感じます」「LXよりカッコいい」「抽選当たれ~」「これは買いですね!」など、限定モデルに強い期待を持つコメントが多く見られました。

【画像】超カッコイイ! レクサスの新型「カクカクSUV」まずはここから画像で見る!(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー