約320万円の新型「マツダの“ピックアップトラック”」実車登場! 「あふれ出るマツダ感すごい」と好評! 6MT&流麗スタイルの「BT-50」泰に登場

マツダが3月に発表した新型「BT-50」が、早速イベントで実車公開され、反響を呼んでいます。どのような声が上がっているのでしょうか。

マツダの新ピックアップが実車登場

 マツダが3月に発表した新型「BT-50」が、早速イベントで実車公開され、反響を呼んでいます。
 
 タイで生産される「BT-50」はいったいどのようなクルマで、どのような声が上がっているのでしょうか。

これはイイ! マツダ新型「BT-50」
これはイイ! マツダ新型「BT-50」

 マツダのピックアップトラック「BT-50」は、いすゞの「D-MAX」をベースに、内外装をマツダ向けに仕立てたOEMモデル。

 ボディサイズは全長5280mm×全幅1870mm×全高1790mm。ホイールベースは3125mm。類似車種で比較すると、トヨタ「ハイラックス」に近い大きさと言えるかもしれません。

 現在はオセアニア、ASEAN、中南米、中近東、アフリカなど世界各地で販売されています。日本での展開はまだありません。

「D-MAX」の姉妹車という位置づけですが、ライトやグリル、バンパー、フードパネル、フェンダーパネルなどの外装は、まさにマツダ独自の「魂動」を表現した躍動感あふれるダイナミックなデザインとなっています。

 ボディカラーは、ロックグレー・コンクリートグレー・トゥルーブラック・アイスホワイトの全4色。

 ボディタイプはダブルキャブ(4ドア2列シート)とフリースタイルキャブ(2ドア1列シート)の2種類が展開されています。

 エンジンは1.9リッターもしくは3.0リッターの4気筒ディーゼルエンジン。最高出力・最大トルクはそれぞれ、150ps・350Nm、190ps・450Nmとなっています。

 さて、3月に発表された改良モデルでは、3.0リッターモデルの改良で、4WD+6速ATに加えて、2WDモデルや6速MTモデルが新設定されています。

 価格は1.9リッター車が75万2000バーツ(321万円)から、3.0リッター車が86万2000バーツ(約369万円)からとなっています。

※ ※ ※

 そのBT-50の最新モデルが、3月27日開幕の「バンコク国際モーターショー2024」でさっそく展示されました。

 BT-50に対し、ネット上では「このあふれ出るマツダ感」「けっこう個性出してきますねw」「日本でもぜひ逆輸入でBT-50を販売して欲しいと思います」「いすゞベースとは思えない…かっこいい」「バッジ替えるだけではなくここまでやるならOEMでもアリですよね」「TOYOTAのタンドラがあるなら、MAZDAでも出して欲しい」「MAZDAさんお願いします」など、多数の声が上がっていました。

【画像】超カッコイイ! これがマツダの新型「BT-50」の全貌です。まずは画像で見る!(画像)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

3件のコメント

  1. ピックアップのラインナップ増えるのは嬉しいけど、うーん…。
    ピックアップの顔では無いと思うのは私だけかな…

  2. ISUZUのD-MAXが魅力的だから敢えてマツダのOEMを選ぶ理由がない

  3. 「日本での展開はまだありません」当たり前だろ!イスズのD-MAXのOEMなんだから。日本に導入して、何処でメンテナンスとか受けれるんだ?イスズの乗用車Dラーなんて日本にないぞ!ド文系はコレだから困る。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー