トヨタの「新型SUVミニバン」!? 全ドア「スライドドア」&タフ外装採用! 斬新3人乗り仕様もある「クロスバン」の示すものとは

「アルファード/ヴェルファイア」や「ノア/ヴォクシー」、「ハイエース」といった人気車の開発製造を担っているトヨタ車体が、ジャパンモビリティショー2023で公開したのが「X-VAN GEAR CONCEPT(クロスバン ギア コンセプト)」です。同車は何を意味するのでしょうか。

トヨタの新型SUVミニバン? 「クロスバン ギア」とはなんだったのか

 大人気の高級ミニバン「アルファード/ヴェルファイア」や人気ファミリーミニバン「ノア/ヴォクシー」、商用バントップシェアを誇る「ハイエース」といった人気車の開発製造を担っているトヨタ車体が、2023年10月開催の「ジャパンモビリティショー2023」で発表した次世代キャブワゴンのコンセプトカーが「X-VAN GEAR CONCEPT(クロスバン ギア コンセプト)」です。 

期待高まる! トヨタ新型「X-VAN GEAR CONCEPT(クロスバン ギア コンセプト)」
期待高まる! トヨタ新型「X-VAN GEAR CONCEPT(クロスバン ギア コンセプト)」

 同車は、「多様化するライフスタイルに合わせ、すべての人が人生を楽しむ次世代のキャブワゴン」として提案されました。

 その特徴は、乗用ミニバンの大空間とSUVのアクティブスタイルを両立した新しいカテゴリーのクルマであることです。

 そのために、ボディサイズを最大化するボクシーなスタイルとし、プロテクションモールや大径タイヤ、ルーフラックなどSUVライクなデコレーションが施されています。

 公表されたスペックによると、ボディサイズは、全長4695mm×全幅1820mm×全高1855mmの3ナンバーサイズとはなりますが、意外なことに現行型アルファードよりも小さいので、取り回し性も良さそうです。

 こだわりである室内空間ですが、室内長2965mm×室内幅1550mm×室内高1340mmと、新型アルファードに迫る広さを確保しています。むしろ、ボディ形状が四角く、足元がフラットで窓も大きいので、より広く感じるかもしれません。

 使い勝手を高めるべく、ボディを左側Bピラーレス構造とし、助手席側の両側スライドドアによる大開口を実現。

 これにより、乗降性が向上するだけでなく、自転車や釣り竿などの趣味のアイテムの積み下ろしも楽々と行えます。

 6名乗車仕様となるシートレイアウトは、1列目が左右独立型のベンチシート、2列目がシングルシート、3列目大型ベンチシートとなっています。2列目をシングルシートとした秘密は、助手席が180度回転機構付きのスーパーロングスライドシートとしたため。

 また2列目シートは、バックレストを畳むとテーブルに早変わりする機能も備えています。

 用途に合わせて、6つのパターンのシートアレンジが可能とのこと。さらにルーフ部は、グラスルーフとなっているので開放感も抜群。まさにアウトとドアを楽しむには、最良なワゴンといえるでしょう。

 実車が展示されたのは、クロスバンギアだけですが、このクロスバンシリーズが、「クロスバン コア」、「クロスバン ツール」の3部作だということをご存じでしょうか。

 他の2台についても簡単に紹介すると、「クロスバン コア」は、ミニバンのような多人数移動を目的としたワゴンとなっており、よりスタイルもスタイリッシュとなっています。

 もうひとつの「クロスバン ツール」は、趣味の相棒として使える積載性を重視した仕様に。このため、コンセプトムービーでは、シートレイアウトが2+1の3名乗車仕様とし、助手席を畳むことで長尺物も楽々と積み込める仕様となっています。

 このようにクロスバン自体が、多目的に活用してもらうことを前提としているため、2列目に左右独立のキャプテンシートを備えた7人乗り仕様やよりバンライクに積載性に特化した2名乗車仕様なども想定されています。

 トヨタ車体によると、コンセプトカーの開発では、スペース系のクルマならではの新しい価値創造を目指したとのこと。

 そこでミニバンのコアユーザーであるファミリー層だけでなく、若者から子育てを終えたシニアまで幅広く愛用してもらうべく、どのような空間ならば居心地よく自然体の自分でいられるだろうか、移動した先で何をして過ごすだろうか、景色に溶け込むスタイルはどうあるべきかなど、デザイナーを中心にイメージを膨らませたそう。

 さらに次世代ターゲットユーザーの中心でもあるZ世代の多様な価値観に合うスタイルを軸として、様々な方向や可能性を示すシリーズ・バージョン構成を生み出すべく、挑戦したといいます。

 苦労した点では、車両サイズやシルエットの考え方だったそうで、従来のユーテリテイ重視のクルマが持つクルマのイメージや使い勝手に対して、どのような変化なら受け入れられるのか、何度も議論を重ね、作り上げたそうです。

 推しポイントについては、家族のためだけでなく、自分自身のライフスタイルを表現するクルマであること。

 そのために、行動範囲を広げてくれそうなアクティブなエクステリアや多彩なシートアレンジに加え、カラー、素材、仕立てのコーディネートすることで自分らしく過ごせる広々とした落ち着きの空間が提案されています。

 また助手席側を前後スライドドアとすることで、狭い駐車場でのドアの接触や強風によるドアが閉じ、子供が挟まれるという事故の予防にも繋がるとしています。

 ジャパンモビリティショー2023では、トヨタもブース展示を行っていました。なぜトヨタ車の開発製造を担うトヨタ車体が単独で展示を行ったのでしょうか。

 その狙いは、トヨタのバン事業を担うトヨタ車体が、バン系車種を中心に展示することで、直接、ユーザーの声を聞き、もっといい商用バンやミニバンづくりに繋げていくためだそう。

 クロスバンギアは、現時点ではコンセプトカーであり、パワーソースや駆動方式も未定とされています。

 ただ国産バンの象徴であるハイエースが、近年は、ビジネスユースだけでなく、趣味のギアやキャンピングカーという形で個人ユーザーにも支持されているようになっています。

 乗用性能に特化したミニバンではなく、よりバンとしての機能性を持つワゴンを待ちわびる人たちもいるのではないでしょうか。

 それだけに、トヨタ車体の新提案のクロスバンシリーズが、商品化されることにも期待したくなります。

【画像】超カッコイイ! トヨタ新型「クロスバン ギア」を画像で見る(37枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

Writer: 大音安弘(自動車ライター)

1980年生まれ。埼玉県出身。クルマ好きが高じて、エンジニアから自動車雑誌編集者へ。その後、フリーランスになり、現在は自動車雑誌やウェブを中心に活動中。主な活動媒体に『ナビカーズ』『オートカーデジタル』『オープナーズ』『日経トレンディネット』など。歴代の愛車は全てMT車という大のMT好き。

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー