スバル新型「最上級SUV」発表! オシャレ“ブルー”の「プラチナ クロス」! 約800万円の「新モデル」独に登場

スバルのドイツ法人は、2024年4月10日、「アウトバック」の新たな特別仕様車として「アウトバック エディション プラチナクロス」を発表しました。どのようなモデルなのでしょうか。

最上級の「プラチナクロス」誕生

 スバルが2021年から北米限定で展開している「ウィルダネス」というワイルド仕様。そのイメージカラーである”ガイザーブルー”が、日本やイタリアなどに続きドイツでも登場しました。

「アウトバック」の特別仕様車として2024年4月10日に発売された「アウトバック エディション プラチナクロス」です。

オシャブルーがカッコイイ! スバル新型「アウトバック エディション”プラチナクロス”」
オシャブルーがカッコイイ! スバル新型「アウトバック エディション”プラチナクロス”」

 ウィルダネスは、リフトアップやオールテレーンタイヤで悪路走破性を向上させるとともに、黒い樹脂製の専用プロテクションパーツを追加することでタフな個性を際立たせたカスタムシリーズです。北米でアウトバック、「フォレスター」「クロストレック」の3車種が展開されています。

 ウィルダネスへの注目度は北米以外でも高く、ウィルダネス風の特別仕様車がちらほら登場しています。

 日本では、ウィルダネスと同じガイザーブルーを採用した特別仕様車がフォレスターに設定され、2度発売されました。

 今回ドイツで発売となったアウトバック エディション プラチナクロスもガイザーブルーを採用しています。

 フロントグリルやホイール、ルーフレール、ドアミラーなどをブラックに統一。差し色はウィルダネスのオレンジに対してイエローグリーンとし、どことなくウィルダネスっぽい雰囲気になっています。

 この特別仕様車は最上級グレード「プラチナ」(2.5リッター水平対向エンジン搭載のAWD車)がベースとなっており、充実した装備内容に加えてHarman/Kardonのオーディオ&インフォテインメントシステム、電動ガラスサンルーフなどのオプションも満載。価格は4万8840ユーロ(約800万円)です。

「我が国でもウィルダネスを導入して欲しい」という声も多いようですが、現状それに至るのは難しいようです。まずはガイザーブルーを採用した特別仕様車の反響次第ということなのかもしれません。

【画像】超カッコイイ! スバル新型「プラチナクロス」を画像で見る(22枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 記事のタイトルが軒並み新しい車種が登場したかのような誤解のあるもので情報の正確性が無いタイトルだと、せっかくきちんとした記事を書いていても信憑性に欠けたものと判断され結果的にユーザー離れを誘引すると思う。内容がきちんとしていればこんな小細工をせずとも見てくれるので、もったいないと思った。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー