15年ぶりに全面刷新! トヨタ新型「ランクル250」発売、520万円から! 従来プラドから何が変わった?

トヨタは新型「ランドクルーザー250」を2024年4月18日に発売しました。従来プラドから何が変わったのでしょうか。

ついに登場した新型「ランドクルーザー250」(ランクル250)

 2024年4月18日にトヨタは新型「ランドクルーザー250」を発売しました。
 
 ランドクルーザーシリーズとし300、70に続く250ですが、ライトデューティとしてどのような特徴があるのでしょうか。

トヨタ新型「ランクル250」とは?
トヨタ新型「ランクル250」とは?

 1954年に「ランドクルーザー」というモデル名が誕生してから、実に15系統目となるトヨタ「ランドクルーザー250(以下250系)」。

 2023年の夏にワールドプレミアが行われてから、ようやく日本での発売に漕ぎ着きました。

 トヨタは150系プラドの後継モデルとは謳っていないものの、事実上はライトデューティ系の新型となる250系。

 高級クロカン4WDである300系と、世界で実用車として活躍する70系の間を補完するモデルという位置づけになっています。

 2023年夏、250系が注目を集めたのはそのエクステリアデザインです。

 90系プラド以降はソフト路線を進み、120系、150系で高級SUV化を進めてきたライトデューティ系を原点回帰させ、ランドクルーザーシリーズの中では55、56型の雰囲気に戻った感があります。

 さらに言えば、“クロスカントリー4WDはこうあるべし”というこれまでの世界の名モデルが築いてきた世界観を、1台にギュッと凝縮させているような気がします。

 インテリアもクロカン4WDのスタンダードとも言える直線基調のデザインです。

 良好な前方視界、オフロードで直感的に把握できる車両の傾きといった機能をしっかりと確保しながら、メーターフードとセンターモニターを連結させるといった現代的な意匠も含まれています。

 ドライバーシートからさほど手を伸ばさずともすべて操作できるインターフェイスは、美しさと機能性を備えており、新世代ランドクルーザーにふさわしいものとなりました。

 内外装デザインを見ていると、「ランドクルーザ−とはどういうクルマなのかを開発陣はさぞ苦労して模索したのだろう」と想像してしまいますが、最も苦労したのはクルマとしてのキャラクターだったのではないでしょうか。

 90系以降のプラドは、シャシを「ハイラックスサーフ」と共用しながら、そのスタイルでランドクルーザーのエッセンスを表現したクルマでした。

 たしかにその当時としてベストな味付けではあったものの、他のカテゴリーのクルマと比べて日常生活で十分に満足できたかというと、多少我慢して乗っていた感があります。

 しかし時代の価値観が変わったことで、都会生活者が非日常的な時間や空間を得ることができ、同時に普段使いで何の不満もないことがこの手のクルマのベーシックとなったことは間違いありません。

 滅多に走らないオフロードのことよりも、買い物やドライブで快適に使えることがまず大前提なわけです。

 一方で、マストとなるのがランドクルーザーという金看板が持っているイメージと性能です。

 歴代開発陣に受け継がれてきた「どこでも行き、生きて帰って来られるクルマ」というモットーは、時代が変わっても守らなければならないものだったわけです。

 かつてクロカン4WDと言われたライバル車たちが、次々とモノコックボディのSUVに変わる中で、やはり250系はランクルのアイデンティとも言えるラダーフレームを捨てませんでした。

 しかし、頑丈ながらも重量増から逃れられないラダーフレーム構造は、言ってしまえば両刃の剣。

 そこでトヨタは、まずこのラダーフレームを全面的に見直してきました。

 ハイテンションスチールやアルミといった違う厚み板材をパズルのように分割し、それをレーザー結合。

 また従来の板材重ね合わせを止めて、プレス加工による成形を採用しています。

 これにより、150系プラドより150%も高剛性となっているのと同時に、軽量化へと繋げたのです。

 非常に頑丈な鉄のハシゴに見えるラダーフレームですが、実は走行中にわずかながら動いています。それは1mm以下というものですが、これによりドライバーが感じるフィーリングは様々なところに出てしまいます。

 高速道路でのレーンチェンジ時の“オツリ”や、直進安定性の悪さといった部分です。

 どんなに理想的なジオメトリーのサスペンションを造っても、やはりシャシ剛性が重要になってくるのです。

 もちろん、ジオメトリーも見直し、フロント・ダブルウイッシュボーンのアームをハイマウント化。

 ストローク量を増大させ、快適な乗り心地に重要な路面追従性を向上させました。

【画像】「えっ…!」 これが新型「ランクル250」です! 画像を見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー