6速MTが追加!? マツダ新型「”タフ顔”トラック」公開! 全長5m超えでアンダー320万円から! 精悍&流麗ピックアップ「BT-50」タイでの登場に反響多数

マツダのピックアップトラック「BT-50」の改良モデルが、タイ法人から2024年3月20日に発表されました。いったいどんなクルマで、どんな反響が集まっているのでしょうか。

改良で2WDと6速MTが新規追加

 マツダのピックアップトラック「BT-50」の改良モデルが、タイ法人から2024年3月20日に発表されました。
 
 新たに「3リッターディーゼルエンジン搭載モデル」がパワーアップされるなど、話題のあるマイナーチェンジに、反響が集まっています。

マツダ新型ピックアップ「BT-50」
マツダ新型ピックアップ「BT-50」

 ピックアップトラック「BT-50」は2006年、初代モデルが登場。もともとはフォード「レンジャー」の姉妹車でしたが、マツダとフォードの資本提携が2020年に解消。現行モデルである3代目は、いすゞ「D-MAX」の姉妹車としてOEM供給を受ける形となっています。

 生産はタイでのみ行われていますが、オセアニア、ASEAN、中南米、中近東、アフリカなど、世界各地で販売されています。

 ボディサイズは全長5280mm×全幅1870mm×全高1790mm。身近な例を挙げれば、トヨタ「ハイラックス」に近い大きさと言えるでしょう。

「D-MAX」の姉妹車とはいえ、ライトやグリル、バンパー、フードパネル、フェンダーパネルなどの外装はマツダ独自の「魂動」を表現した、躍動感あふれるダイナミックなデザインが魅力となっています。

 ボディカラーは、ロックグレー・コンクリートグレー・トゥルーブラック・アイスホワイトの全4色です。

 エンジンは1.9リッターもしくは3.0リッターの4気筒ディーゼルエンジン。最高出力・最大トルクはそれぞれ、150ps・350Nm、190ps・450Nmとなっています。

 今回、3.0リッターモデルの改良で、「4WD+6速AT」のみだったのが、2WDが新設定され、さらに6速MTも追加。多彩な駆動系の組み合わせを選べるようになりました。

 価格は1.9リッター車が75万2000バーツ(315万円)から、3.0リッター車が86万2000バーツ(約360万円)からとなっています。

※ ※ ※

 このようにマイチェンを果たした「BT-50」に対し、現地SNSでも「高級感あるねえ」「顔がやっぱりマツダだな」という声が多く上がっていました。

 まだ市場展開されていない日本でも「OEMとは言え、結構マツダらしいフロントデザインになってるよねこれ」「これにCX-60のハイブリッドディーゼル積んだら面白そう」「日本でも売ってくれ!!!」など、興味津々の声が見られます。

 また、過去の思い出として「昔々の話だけど、マツダもプロシードと言うピックアップを売っていて、ハイラックスに対するサーフの様にマービーと言うグレードも売っていたな」というコメントも。そのうえで「トヨタからハイラックス、三菱からはトライトンが出て来てるし、各メーカー頑張って欲しいですね」と話していました。

【画像】超カッコイイ! これがマツダの新型「BT-50」の全貌です(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. 流石にマツダでもテールランプは魂動デザインっぽくできなかったか。

  2. MAZDAもいすゞからのOEMとは言え、こんなハッチャケた感じの魅力ある車のデザインに出来るやん。ピックアップ等の車種や鼓動コンセプトはどうであれ、こんな楽しそうな車が日本市場にも導入されたら良いのに。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー