ホンダ新型「商用バン」初公開!? 斬新“2トーン”のオシャ仕様! タンデムな「前後二人乗り仕様」もある「N-VAN e:」実車展示

ホンダは2024年3月29-30日、東京ビッグサイトで開催された「E-Tokyo Festival2024」にて、新型の軽商用バン「N-VAN e:」の実車を披露しました。いったいどんなクルマなのでしょうか。

「100%電動化」の先駆け

 ホンダは2024年3月29-30日、東京ビッグサイトで開催された「E-Tokyo Festival2024」にて、新型の軽商用バン「N-VAN e:」の実車を披露しました。
 
 国内では史上初の国際市街地レース「フォーミュラe 東京e-prix」の開催に合わせて、最先端のEVが勢ぞろいしたイベント。その中で注目のひとつ「N-VAN e:」は一体どんなクルマなのでしょうか。

ホンダ新型「N-VAN e:」
ホンダ新型「N-VAN e:」

 新型N-VAN e:は「N-VAN」をベースとした電気自動車(BEV)で、2024年春の発売を予定しています。

これは、ホンダの国内の四輪車販売戦略として、2030年にハイブリッド車を含む100%電動車とする目標の一環。そのなかで、環境負荷低減を掲げる企業ニーズが高いことをうけて、軽商用EVを皮切りにEV展開を本格スタートさせているところです。

 外観デザインは、おおまかなところでN-VANとほぼ同じですが、EVならではの「グリルレス」なフロントマスクを採用し、フロントのナンバープレートが中央に配置されるなど、独自のデザインとなっています。

 内装は、エアコンやシフトパネル、収納トレー、充電用USB端子などを運転席側に近づけて使い勝手を向上させたほか、ボタン式シフトを採用し、新型「N-BOX」や「フィット」と同様の2本スポークのステアリングを採用して、運転席まわりがすっきりしています。

 商用車として重視される積載量は、軽貨物車の最大積載量である350kgに設定。多くの荷物を運ぶことが可能です。

 2人乗車時の荷室長は1480mm、助手席を床下に格納したときの最大スペース長は2645mmとなっており、ベースのN-VANとほぼ変わらない数値を確保しました。

 さらに、助手席側はセンターピラーをドアに内蔵することで大開口を実現。サイドから荷物の積み降ろしが楽にできるため、配送業などで活躍することが期待されています。

 さて会場では、実車がついに姿を現しました。まず会場入口には、白ベースのN-VAN e:が登場。まるで現行モデルかのように「しれっと」置かれていましたが、気づいた客は「あれN-VAN e:では!?」と驚いた様子でした。

 そして会場奥へすすむと、黄色と黒のツートンカラーをまとったモデルが登場。担当者も「初出しです!」と胸を張る実車展示で、全ドアが解放されて、「N-VAN」を象徴する圧倒的車内空間があらわになっていました。

 待望のEVモデルですが、一体バッテリーはどこにあるのか?と疑問に思うかもしれません。実は、バッテリーを平面上に薄く敷きならし、底面に設置することで、車内は違和感なくフルフラットのまま、車内空間を現行モデル同様に確保できたといいます。

 新型N-VAN e:のラインナップは、ベーシックな「e:L4」をはじめ、最上級モデルの「e:FUN」、ビジネスでの使用に特化した「e:L2」の3タイプが用意され、「商用車」にとどまらない幅広いニーズが想定されています。

【画像】えっ…!? 超カッコいい!これが新型「N-VAN e:」です! 画像でじっくり見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN
ホンダ N-VAN

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー