ニッサン“斬新顔”「新型コンパクト」発売! もはや別物!? 3年ぶり“大規模刷新”で「ノート」はどう変わったのか

日産はコンパクトカー「ノート」のマイナーチェンジを実施し、2024年1月下旬より発売を開始しました。デビュー以来初の大規模な変更となりましたが、どこが大きく変わったのでしょうか。

斬新マスクの「デジタルVモーション」に変身しイメージ一新

 日産は2023年12月11日、「ノート」をマイナーチェンジし2024年1月下旬より発売を開始しました。
 
 新型ノートは、2020年11月の登場時とはイメージを一新しましたが、デザインなどはどのように進化を遂げたのでしょう。

新旧の日産「ノート」、どっちが好み!?[左:マイナーチェンジ前の「ノート」/右:新型「ノート」マイナーチェンジモデル]
新旧の日産「ノート」、どっちが好み!?[左:マイナーチェンジ前の「ノート」/右:新型「ノート」マイナーチェンジモデル]

 コンパクトカーのノートは、国内では日産を代表する主力モデルとなっています。

 現行型は2020年11月に登場した3代目で、それまでラインナップされていた通常のガソリンエンジン車を廃止し、全車をe-POWER(ハイブリッド)のみ専用としました。

 またワイドボディ化し、内外装デザインも高級仕様としたプレミアムモデルの「ノートオーラ」を設定するなど、派生モデルも多く展開。

 こうしたワイドラインナップも功を奏し、2022年度(2022年4月から2023年3月)の国内販売では、電動車販売台数No.1を達成するなど、ノートシリーズは幅広い支持を集めています。

 デビューから3年を迎え、ノートは初の大規模なマイナーチェンジを実施しました。

 特に新型では、デザインの進化が大きな変更点といえます。

 ボディカラーは「スミレ」と「ターコイズ」の新色を含む全14色を設定し、16インチのホイールカバーも日本の伝統的な幾何学模様をあしらったデザインに代わりました。

 そんななかでも最も注目されるのはフロント周りです。

 日産の新世代デザイン「デジタルVモーション」を採用するとともに、前後バンパーをボディ同色化し、車両全体の統一感を図ることで、フレッシュさや先進感を高めました。

 一方、マイナーチェンジ前のノートは、シャープなメッキで縁取られ、内側は日本伝統の「組子(くみこ)」をイメージしたブラックのパターンでレイアウトしたVモーショングリルやライト部が前に張り出した形状でした。

 ロア部のブラックの樹脂素材色でまとめられたゾーンがやや奥まった格好でアッパー部に囲われ、立体的かつシャープな形状を特徴とします。

 なお上級仕様のノートオーラはボディ同色仕上げの面積が広く、張り出したフェンダーと相まって丸みを帯びた面を強調した独自のスタイルとなり、ベーシックなノートとの明確な差別化が図られていました。

 これに対し新型ノートでは、ボディ同色面が拡大するとともに、上面と下面がそれぞれグリルとロア部に沿って弧を描く形状に変化したことも相まって、印象を一新しています。

【画像】めちゃカッコいい! ニッサン新旧「ノート」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー