ホンダ新型「ヴェゼル」初公開! 新フェイス&オシャグリーン「ハント」採用! 人気SUVの新モデルに販売店でも大反響

2024年3月14日、ホンダの人気コンパクトSUV「ヴェゼル」のマイナーチェンジが行われることが明らかとなりましたが、さっそく販売店ではどのような反響があるのでしょうか。

ホンダ新型「ヴェゼル」公開に販売店の反響は?

 ホンダは、コンパクトSUV「ヴェゼル」のマイナーチェンジモデルを2024年3月14日に先行公開。エクステリアなど改良モデルの一部情報が明らかとなりました。

 ではさっそく販売店ではどのような反響があるのでしょうか。

めちゃカッコ良くなった…! ホンダ新型「ヴェゼル」(写真はアーバンスタイル)
めちゃカッコ良くなった…! ホンダ新型「ヴェゼル」(写真はアーバンスタイル)

 ヴェゼルは、2013年に登場したコンパクトSUVで、現行型は2021年4月に発売した2代目です。

 なかでもエクステリアは初代から大きく変化し、クーペライクなプロポーションを際立たせながらも、力強く美しい水平基調なデザインとなりました。

 フロントには伸びやかなライン状のフロントグリルが備わり、パワフルながらも質感の高さが感じられます。

 一方でインテリアは独自のセンタータンクレイアウトを活かし、想像以上の広々とした室内空間を実現するといいます。

 パワートレインは、1.5リッターガソリンエンジンに加え、1.5リッターエンジン+2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」搭載モデルが設定されます。

 初代から大きく変化を遂げた2代目ヴェゼルは、発売後1か月で累計約3万台を受注するほか、直近の販売台数を見ても、2024年2月の登録車ベスト10では6位にランクインするなど、今もなお多くのユーザーから支持を集め続けています。

 そんななか、今回一部情報が明らかとなったマイナーチェンジでは、「EXPAND YOUR LIFE」をグランドコンセプトに設定し、エクステリアでは、シンプルでクリーンなスタイリングはそのままに、フロントグリルやフロントバンパーに変更が加えられ、より存在感のあるデザインに刷新されました。

 また今回ベースグレード「e:HEV X」にアウトドアテイストを追加した、「HuNT(ハント)パッケージ」を新たに設定。

 エクステリアには専用のルーフレール、アルミホイール、フロントロアガーニッシュを採用し、専用カラーのインテリアとともに、都市部のみならずアウトドアにも似合うパッケージとしました。

 さらに「e:HEV Z」グレードに新たに「PLaYパッケージ」が設定され、AWDが選択可能となったほか、パノラマルーフの有無も選択が可能となりました。

 ほかにも、ハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」のアップデートし、よりスムーズで力強い走りに磨きがかかったほか、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」機能が追加され、さらに安全性が強化されました。

 ではさっそく販売店ではどんな反響があるのでしょうか。ホンダの都内販売店の営業スタッフは以下のように話します。

「お問い合わせ非常に多いですね。

 現状では先行予約の段階で、納期時期などはわかっていません。ご予約をいただいていつになるか後日回答という形を取っております」

 また別の販売店の営業スタッフは以下のように話します。

「やっぱり人気車種ということもあり、多くの反響がありますね。

 納期については、昨年一昨年ではコロナ禍や部品供給の問題で1年はかかっていたのですが、今は比較的落ち着いてきたこともあるので、1年よりもう少し納期は短くなるのではないかと予想されます」

 なお、一部改良された新型ヴェゼルは今春発売予定。

 現段階では、価格や詳しいグレード展開などが明らかにされていないため、今後の追加発表が注目されます。

【画像】超カッコイイ! ホンダ新型「ヴェゼル」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー