ホンダ新型「コンパクト“クーペ”SUV」初公開! 3年ぶり“顔面刷新”に称賛の声! オシャグリーン設定の「ハント」に既存ヴェゼルオーナーも熱視線

ホンダはコンパクトSUV「ヴェゼル」のマイナーチェンジを2024年春に実施すると発表しました。先行して発表された新情報について、既存ユーザーの反応を追いました。

「ヴェゼル」のマイナーチェンジについて、既存ユーザーの反応は?

 2024年3月14日ホンダは、コンパクトSUV「ヴェゼル」のマイナーチェンジモデルを2024年春に発売すると発表しました。

 今回は既存のヴェゼルオーナーが新型モデルについてどのように思っているのか、探ってみました。

結構変わってる! カッコ良くなった新型「ヴェゼル」
結構変わってる! カッコ良くなった新型「ヴェゼル」

 ヴェゼルは、ホンダが2013年に売り出したコンパクトSUV。現行型は2021年4月に発売した2代目です。

 サイズはコンパクトですが、上位クラスにひけをとらないスマートなスタイリング、それに独自の「センタータンクレイアウト」を活かした巧みなパッケージングにより、見た目以上に広々とした室内空間を有しています。

 パワートレインには、最大118馬力を出力する1.5リッター4気筒ガソリンエンジン、もしくは最大78馬力を出力する1.5リッターエンジンと最大131馬力を出力する2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」を採用。

 2023年(1月から12月)の販売台数は、5万9187台を記録しています。

これはホンダ車の販売ランキングでは軽自動車「N-BOX」やコンパクトミニバン「フリード」に続く第3位となっています。

 そんな人気を集めるヴェゼルですが、今回のマイナーモデルチェンジでは、「EXPAND YOUR LIFE(人生を広げる)」をグランドコンセプトに改良を施しています。

 現行モデルで評価の高いシンプルでクリーンなスタイリングはそのままに、フロントグリルやフロントバンパーに変更を加え、一層存在感のあるデザインを目指しました。

 また、e:HEVならではの力強い走りと静粛性にも磨きをかけています。

 さらに、ベースグレードの「e:HEV X」にアウトドアテイストを追加した「HuNT(ハント)パッケージ」を新たに設定。専用のルーフレール、アルミホイール、フロントロアガーニッシュを採用し、専用カラーのインテリアと合わせて、都市部だけでなくアウトドアにもマッチするパッケージとしました。

 さらに、「e:HEV Z」グレードにも新しく「PLaYパッケージ」が設定。AWDが選択可能なほか、パノラマルーフの有無も選べるようになりました。

※ ※ ※

 前述したように、現在のホンダユーザーからも高い人気を得ているヴェゼル。それだけに今回のマイナーチェンジも話題を呼んでいます。

 まず既存のヴェゼルオーナーから好評を博しているのが、新しく追加されたハントパッケージ。画像を見た人からは「ルーフレール付きのグレードが良いね!」「ハントがかっけぇな」などの声が出ていました。

 中には「こりゃ乗り換えたくなるね」という意見も。既存のヴェゼルを気に入っているオーナーからは「デビューした頃から完成されたデザインだと思ってる」「耳たぶみたいなミラーは継続なのね」といった感想が出ていました。

 とはいえ「思ったより変更点ないのが安心」といった声も多く、全体的に以前の印象を色濃く残している部分がウケているようです。

【画像】超カッコイイ! ホンダ新型「ヴェゼル」を画像で見る(66枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー