日産の「“6輪”軽ワゴン」実車公開!? 超豪華内装のリムジン&ガルウイング仕様! 斬新ピアノ機能搭載の「ルークス スイートC」とは

東京オートサロン2023に出展されたことのある日産「ルークス スイート コンセプト」が、日産のショールームに展示されていました。どのようなクルマなのでしょうか。

日産軽「6輪&ガルウイング仕様」が銀座に登場!

 日産が運営する銀座のショールーム「NISSAN CROSSING」で、軽スーパーハイトワゴン「ルークス」をベースにしたコンセプトカー「ROOX SUITE CONCEPT(ルークス スイート コンセプト)」が実車展示されていました。

 どのような特徴を持つクルマなのでしょうか。

なにこれ! 日産のコンセプトカー「ルークス スイート コンセプト」
なにこれ! 日産のコンセプトカー「ルークス スイート コンセプト」

 ルークスは、背の高さと広い室内空間を特徴とする「スーパーハイトワゴン」に属する軽自動車です。日産の運転支援技術「プロパイロット」や、使い勝手の良い軽ミニバンとして、幅広いユーザーから支持を集めるモデルのひとつです。

 そんなルークスを、6輪仕様かつドアをガルウイング化に仕立てられたのがルークス スイート コンセプトで、東京オートサロン2023にも出展されました。

「ひとり娘の結婚に際し、新婦の両親が結婚式の会場へ向かうクルマ」とかなり具体的なターゲット層が想定されており、ルークスの広々とした室内空間を活かしつつも、ラグジュアリーなモデルとして仕上げられています。

 エクステリアは、ボディがブラックとマットグレーの2トーンカラーで、各所にはゴールドのアクセントカラーが光り、質感の高さが感じられます。

 助手席側にはインパクトのあるガルウイングドアが備わり、室内はホワイトで統一された空間が広がっています。運転席と後席2席のみと贅沢な仕様となっており、座席シートにはリラックスできるオットマンが備わるほか、車載冷蔵庫やテーブルも配され移動が楽しめる工夫が施されています。

 ほかにも、「セレナ」のディーラーオプションとして設定される「電子シェード」や、電気自動車「リーフ」のバッテリーを活用したポータブルバッテリーが搭載されるなど、日産の先進技術も盛り込まれています。

 さらに車両後方には電子ピアノを搭載したトレーラーをけん引。車載のポータブルバッテリーにより屋外で演奏できるような仕様となっています。

※ ※ ※

 実際に筆者(青田)が平日の昼頃、NISSAN CROSSINGを訪れた際は、多くの外国人観光客や家族連れが写真を撮っていたほか、多くの日本ユーザーもルークスのコンセプトカーを興味深く眺めていました。

 ショールーム1階中央に配されたルークス スイート コンセプトに、1人の女性が興味津々にスタッフに詳細について尋ねる様子も。

「かっこいい」「いいなあ」などの声も聞こえてくるなど、関心が高い様子がうかがえました。

 また、けん引されているピアノは、ユーザーからの要望により2月12日まで期間限定でストリートピアノとして開放されており、SNSではそのピアノを弾く様子の投稿も見られました。

日産・ルークス のカタログ情報を見る

【画像】「えっ…!」これが”日産の軽リムジン”「ルークススイート」です!画像で見る(48枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー