王者ランクル「ライバル四駆」はなぜ「消えた」!? 海外には「日産“本格”SUV」あるのに? 最上級SUV「サファリ」復活の可能性はないのか

日産は、本格的な走破性を誇る四輪駆動の大型SUVを海外向けに販売しています。国内にも導入すれば、根強い人気を誇るトヨタ「ランドクルーザー」にも対抗できそうですが、なぜできないのでしょうか。その理由を考察します。

「ランクル」納期の長期化! 本格四駆を持つ日産にも「チャンス」あり!?

 2024年1月29日、トヨタが誇る大型本格クロカンSUV「ランドクルーザー(ランクル)」のディーゼルモデルが、エンジンの認証試験での不正発覚により一時出荷停止となりました。
 
 ランクルは世界中で人気があり、日本においても長い納車待ちが続きますが、国産メーカーのラインアップにはそれに代わるモデルがなく、今も市場を独占中です。
 
 しかし日産は同クラスの本格四駆を海外向けに販売しており、国内で対抗することも可能なはずですが、日本に導入されることはないのでしょうか。

なぜ日本では売ってない!? タフさに加え豪華さも兼ね備えた日産の本格四輪駆動車「サファリ」
なぜ日本では売ってない!? タフさに加え豪華さも兼ね備えた日産の本格四輪駆動車「サファリ」

 サファリは、いまから70年以上もまえの1951年、警察予備隊に三菱ジープが採用された際に競争入札に加わっていた「パトロール」に端を発します。

 この入札にはランクル(当時は「ジープBJ型」と呼ばれていた)も加わっており、どちらも入札に敗れた後、民間用として販売された経緯をもっています。

 1980年に登場した3代目パトロールは、堅牢なラダーフレームとパートタイム式4WDを装備した本格オフローダーの世界戦略車として大きく進化を遂げ、ランクルと共に世界で人気を獲得していきます。

 その際、日本向けモデルには「サファリ」のネーミングが与えられ、イメージも一新させました。

 日本市場で販売していたのは1997年に登場した5代目(サファリとしては3代目)まで。クロスオーバータイプのSUVへとトレンドが移り変わったことで販売が低迷し、2007年に国内販売が終了となりました。

 しかし海外ではパトロールの名で中東を中心に販売を継続しており、現地では今でもランクルとライバル関係にあります。

 2010年に発表された現行型(6代目)パトロールは、最大8人乗り・3列シートレイアウトの本格クロカンSUVとして、オフロード性能や耐久性能が高く追求されたモデルです。

 全長5メートルを越え、全幅も2メートル弱、大排気量の5.6リットルV型8気筒自然吸気エンジンを搭載しています。

 この6代目パトロールは、2016年から北米で「アルマーダ」としても販売されており、さらに日産の高級ブランドであるインフィニティの「QX80」とも兄弟車となります。

 パトロールは、2020年にビッグマイナーチェンジが実施されており、ボクシーなボディシェイプはそのままに、ヘッドライトやグリルといったディテールを刷新し、新世代の日産デザインが取り入れられました。

 2021年3月には日産の中東法人が「パトロールNISMO 2021年モデル」をデジタルワールドプレミア。スポーティな仕立てに「かっこいい」と日本でも話題となりました。

 冒頭でも触れたように、今回のランクルの出荷停止は、長い納車待ちをしている人たちにとっては辛いこと。この状況下にもし、ランクルとライバルだった日産「サファリ」が日本復活となれば「飛ぶように売れる」のではとも考えられます。

 しかもパトロールは現在、世界向けのモデルを全て日産の九州工場のみで製造しています。

 であれば「日本でもちょっとくらい販売しても良いのでは」と思えますが、実際にはなかなか難しいようです。

 なぜでしょうか。

【画像】「えっ…!」日本にはない!? 日産「超タフ四駆」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 単純な話、車離れのこの時代にバカスカ売れそうな車しか出さない、という経営判断では無いかと。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー