レクサス新型「小さな高級車」初公開! 300馬力超え「超スポーツ仕様」に驚く声も! 「LBX“モリゾウRR”」唯一の心配は「価格」!?

レクサスは「東京オートサロン2024」で、新型コンパクトSUV「LBX」のカスタム仕様「LBX モリゾウ RRコンセプト」を初公開しました。LBXの「小さな高級車」というキャラクターにスポーティなテイストを加えたコンセプトモデルに対し、早くも反響の声が集まっています。

「小さな高級車」にスポーツ性能をプラス! 市販化も夢じゃない!?

 レクサスは2024年1月12日から14日まで開催された「東京オートサロン2024」で、新型コンパクトSUV「LBX」をベースとした「LBX モリゾウ RRコンセプト」を出展しました。
 
 新ジャンルの「小さな高級車」を目指した新型LBXを高性能化したスポーツモデルに対し、SNSでは多くの声が寄せられています。

大径19インチタイヤとBBS製鍛造ホイールがカッコいい! スポーティさを増したレクサス「LBX」の正体は!?
大径19インチタイヤとBBS製鍛造ホイールがカッコいい! スポーティさを増したレクサス「LBX」の正体は!?

 多くの来場者を集めた東京オートサロン2024において、TOYOTA GAZOO Racing/レクサスブースでは、モリゾウことトヨタ自動車 豊田 章男会長の愛車を並べた「MORIZO Garage(モリゾウガレージ)」がひとつの目玉となっていました。

 そのなかには、一風変わったレクサス 新型「LBX」が展示されていました。

 2023年11月に発表されたばかりの新型LBXは、レクサスの中で最もコンパクトなボディサイズを持ちながら、クラスを超えた新たな概念として、いわゆる「小さな高級車」のキャラクターを与えられたクロスオーバーSUVです。

 1.5リッター直列3気筒エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムが搭載され、駆動用バッテリーには高効率なバイポーラ型ニッケル水素電池が採用されていますが、ステージ上の“LBX モリゾウ RRコンセプト”は、それとは異なるパワートレインが搭載されていました。

 同会場でお披露目となった進化版GRヤリスに搭載されているものと同じと思われる304ps(224kW)/400N・mを発生する1.6リッター直列3気筒インタークーラーターボエンジンが積まれ、トランスミッションはMTでなくダイレクトシフト8ATを採用しています。

 駆動方式は電子制御フルタイム4WDで、トルセンLSDや専用サスペンションを搭載。

 前後235/45R19サイズのスポーツタイヤ「コンチネンタル スポーツコンタクト7」とBBS製の鍛造ホイール、大径のベンチレーテッドディスクディスクブレーキ、エアレースの技術を投入したというエアロパーツなどが備わり、見た目にも高性能ぶりが伝わります。

 車名のRRは、モリゾウも参戦する「ROOKIE Racing(ルーキーレーシング)」に由来。

 モリゾウのシグネチャーカラーであるイエローの差し色がブレーキキャリパーやフロントグリルなど外観の随所に配されるほか、内装でもシートベルトに見られます。

※ ※ ※

 そんなLBX モリゾウ RRコンセプトに対し、SNSなどでコメントが寄せられています。

 多かったのは、「GRヤリスとほぼ同じ高性能ってスゴい!」「SUVの見た目とのギャップがスゴイ」などと、高性能ぶりに驚く声でした。

「ラリーカーのベース車になりそう」「サーキットで走らせてみたい」などの意見も見られます。

 しかし一方で、高級車ブランドの高性能仕様とあってか「市販したら900万円はしそう」「安くても700万円くらい?」など、高価格になることを危惧するコメントもありました。

 LBX モリゾウ RRコンセプトは、あくまでもオートサロン向けのコンセプトモデルですが、会場のレクサス担当者によると、詳細は明らかにできないといいながらも、市販化に向けた検討も行っているといいます。

 高性能な1.6リッターターボと4WDの組み合わせがそのまま採用されるかどうかは不明ですが、今後の動向が大いに気になる1台といえます。

【画像】めちゃカッコいい! レクサス「高級コンパクトSUV」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 新情報何も無しの記事????

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー