三菱「新型軽バン」で「車中泊」できる? 「長距離は難しい」「工夫次第で活用できる」と賛否の声も! 「ミニキャブEV」はアウトドアの救世主か!?

2023年12月21日、三菱は新型軽商用EV(電気自動車)「ミニキャブEV」を発売します。小口配達などの貨物利用以外にも、アウトドアでの活躍にも期待の持てそうなモデルです。

ロングドライブはためらわれるけど… 可能性はある!?

 2023年11月24日、三菱自動車工業(以下三菱)は軽商用ワンボックスバンの新型EV(電気自動車)「ミニキャブEV」を12月21日より発売開始すると発表しました。
 
 業務用のみならず、車中泊などのアウトドア利用も期待できそうな新型軽バンに対し、SNSでは早くも様々な意見が集まっています。

軽でも「寝られる」! 写真は先代モデルの「ミニキャブMiEV」をベースにしたカスタム仕様「Bレジャースタイル」
軽でも「寝られる」! 写真は先代モデルの「ミニキャブMiEV」をベースにしたカスタム仕様「Bレジャースタイル」

 新型ミニキャブEVは、三菱が2011年に誕生させた軽商用ワンボックスバンタイプのEV「ミニキャブMiEV(ミーブ)」で得た知見を活かし誕生した新型車です。

 電動系コンポーネントのモーターや駆動用バッテリーなどを新世代化し、駆動用バッテリーの電池容量を約25%向上したほか、モーターとインバーターを一体構造化するなどモーター効率を高めたことで、一充電あたりの航続距離を先代モデル比で約35%増の180km(WLTCモード)に延長しています。

 また、衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱警報、誤発進抑制機能などの予防安全技術「三菱 e-Assist」を搭載し、サポカーSワイドに対応しました。

 足回りも見直され、乗り心地や揺れを抑制するとともに、回生ブレーキを積極的に活用するBポジション時の回生力を強め、実用電費を向上させる工夫も加えられています。

 販売価格(消費税込み)は、2シーター仕様が243万1000円、4シーター仕様が248万6000円です。

 国による補助金(クリーンエネルギー自動車導入促進補助金)も適用する予定で、より手ごろな価格で手に入れられる点も魅力といえます。

 そんな新型ミニキャブEVでの車中泊に対し、SNSなどでは様々な意見が寄せられています。

 なかでも「(WLTCモードで)航続可能距離が180キロでは、旅といっても長距離は難しそう」「近場の配送用なら良いけれどドライブに行くのはためらわれる」「ちょっと出かけるのに目的地まで数日かかりそう」など、一充電あたりの走行距離を懸念する声が多く見られます。

 また「旅先で暖房やクーラーを使ってしまうと、いくら満充電でも翌日が大変そう」と、空調の利用について心配する意見もありました。

 一方で「RVパークという有料の車中泊スペースが全国にあり、コンセントがあるので安心です」とのコメントも。

 このほかにも、整備されたオートキャンプ場でも電源付きサイトが一定数用意されているので、こうした場所を活用しながら旅を続けることは可能といえます。

2022年の東京オートサロンに参考出品された「ミニキャブMiEV」カスタム仕様「Bレジャースタイル」は外観もアウトドアに似合うオシャレなテイストに仕上げられていました
2022年の東京オートサロンに参考出品された「ミニキャブMiEV」カスタム仕様「Bレジャースタイル」は外観もアウトドアに似合うオシャレなテイストに仕上げられていました

 なお三菱では、前身であるミニキャブMiEVをベースにしたカスタム仕様のコンセプトカーを発表しています。

 直近では、2022年1月に開催されたカスタムカーイベント「東京オートサロン2022」で「ミニキャブミーブ Bレジャースタイル」を参考出品。

 車載の大型バッテリーを活用し、平日は移動式オフィスとして、休日はソロキャンプを楽しめる車中泊カーとしてマルチに楽しめるという提案を行っています。

 前出のコメントのように、けっして万能選手ではないものの「片道数十キロの近所にあるキャンプ場なら問題ないし、むしろ電気も使えてありがたい」との意見も見られ、アウトドアで便利な存在となるのは間違いなさそうです。

三菱・ミニキャブミーブ のカタログ情報を見る

【画像】めちゃカッコいい! 三菱新型「軽バン」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. ベースのの6代目ミニキャブは、旧世紀の1999年デビューで既に24年の歳月が経とうとしています。デザインも機能も安全性も古さが隠せません。
    せめて、東芝の新型となったSCIBを搭載してくれれば良かったのですが。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー