トヨタ新型「ヴェルファイア」“ド迫力エアロ&シャコタン仕様”公開!? めちゃカッコイイ“エムズスピード仕様“登場

2023年11月9日、エムズスピードは2023年6月にフルモデルチェンジした新型「ヴェルファイア」用のエアロパーツなどの製品ページを更新し、各パーツの価格を明らかにしたほか、写真を公開しました。

エムズスピードからイカした新型「ヴェルファイア」のパーツが登場!

 2023年6月、トヨタは新型「アルファード/ヴェルファイア」を発表・発売しました。

 このうち新型ヴェルファイアについて、カスタマイズパーツを展開するM’z SPEED(エムズスピード)は2023年11月9日に公式サイトを更新。新しい装備パーツの情報や画像を公開しています。

めちゃカッコイイ! M'z SPEED仕様の新型「ヴェルファイア」
めちゃカッコイイ! M'z SPEED仕様の新型「ヴェルファイア」

 ミニバンブームの最中にあった2002年、「トヨタの最高級ミニバン」をうたい文句に高級志向ユーザーへ向けて展開されたのがアルファードです。2008年にはフルモデルチェンジを実施した際には、より個性を求めるユーザー向けられたヴェルファイアも誕生しました。

 ヴェルファイアは、その後アルファードとともに販売を継続。2023年のモデルチェンジで3代目に進化しました。

 今回エムズスピードは、そんな新型ヴェルファイアの公式サイトを更新し、新しい装備パーツの情報や画像を公開しています。

 各パーツは、マフラーやフロント/リアスポイラー、サイドステップ、フロントグリル/リアウィンドウガーニッシュ、リアゲートスポイラー、ドアミラーカバー、エキゾーストシステムなど多岐にわたります。また、これらのパーツには、AES製とABS製のバリエーションを設けています。

 パーツを装着したヴェルファイアを見ると、フロントグリルは太めの横格子が印象的。車体下部のスポイラーも相まって迫力のあるデザインです。

価格は、Front・Side・Rear SET(AES製・マフラー4本出し用)が27万3900円(未塗装)、Front・Side・Rear SET(AES製・マフラーレス用)が29万400円(未塗装)、Front・Side・Rear SET(ABS製・マフラー4本出し用)が33万5500円(未塗装)、Front・Side・Rear SET(ABS製・マフラーレス用)が34万4300円(未塗装)です。

 エムズスピードのYouTubeチャンネルでは、これら追加パーツを装備した新型ヴェルファイアを紹介しています。フロントグリルがアルファードの追加パーツとも大きく異なる点なども解説されており、見応えがあります。

 また、動画後半では、エアサスやエアロパーツなどを装備したコンプリートプランを展開している旨が語られています。

※ ※ ※

 新型ヴェルファイアのベースグレード価格は655万円です。これは、新型アルファードのベースグレード価格(ウェルキャブを省く)の540万円より高額であり、上位モデルのような位置づけがされています。

 パワートレインは直列4気筒エンジンとモーター(フロント/リア)を搭載したハイブリッドモデルと、高出力の2.4リッター直列4気筒ターボエンジンを採用したガソリンエンジンモデルの2種類を展開しています。

 さらに2023年9月に行われた新型「センチュリー」の発表会場では、PHEVモデルを公開。今のところ、発売の予定などは発表されていませんが、2024年には新しいモデルとして登場するかもしれません。

トヨタ・ヴェルファイア のカタログ情報を見る

【画像】超カッコイイ! ド迫力エアロ仕様のトヨタ新型「ヴェルファイア」を画像で見る(30枚以上)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー