トヨタ新型「ランクル70」発売!「結局かっこいい」「MT欲しい」9年ぶり復活の「再々販モデル」に早くも反響集まる

トヨタが新型「ランドクルーザー70(ランクル70)」を発売しました。日本国内では約9年ぶり2度目の復活を遂げた人気モデルに対し、SNSでは早速反響が寄せられています。

ランクル70が2度目の販売再開

 トヨタは2023年11月29日、四輪駆動車「ランドクルーザー70(ランクル70)」を発売しました。1984年から販売が続くモデルで、日本国内での販売は約9年ぶり、2度目の復活です。SNSでは早速、このランクル70への反響が寄せられています。

トヨタ新型「ランドクルーザー70」
トヨタ新型「ランドクルーザー70」

 ランドクルーザー(ランクル)シリーズは、1951年登場の四輪駆動車「トヨタBJ型」以来、72年の長い歴史を持つブランドです。

 トヨタによると、世界約170の国と地域で累計1130万台のランドクルーザーシリーズが販売されたといいます。

 そのシリーズのうち、悪路走破性と耐久性を重視した「ヘビーデューティ」タイプのランクル70は、1984年のデビュー以来、40年近くにわたってフルモデルチェンジせず細部の改良を重ねながら生産が続く珍しいモデルです。

 悪路走破性や耐久性に優れたラダーフレームシャシや、パートタイム4WDといったタフな造りに加え、四角く無骨なスタイルも基本的に大きく変わらず続いています。

 国内では2004年に販売を終了しましたが、ランクル70のデビュー30周年となる2014年におよそ1年限定で再販売されました。

 この再販モデルは今なお中古車市場で高い人気を維持しており、ユーザーからも再々販を望む声が多く寄せられていたようで、今回、ランクル70は国内で約9年ぶり2度目の復活を遂げました。

 新型ランクル70のボディサイズは、全長4890mm×全幅1920mm×全高1920mm、ホイールベース2730mmです。

 信頼性・耐久性・悪路走破性を実現させるラダーフレームや電動デフロックなどの基本装備に加え、パワートレイン、操縦安定性、デザイン、安全性能をアップデートしています。

 新型ランクル70のパワートレインは、最高出力204ps、最大トルク500nmを発揮する2.8リッターディーゼルターボエンジンと6速ATを組み合わせています。

 高トルク・高出力を兼ね備えたディーゼルエンジンならではのタフなオフロード性能を確保しながら、低騒音・静粛性への配慮、燃費性能の向上にも取り組んだといいます。

 内外装のデザインは、これまでの伝統を継承しながらも、オフローダーらしさを強調したデザインに刷新されています。

 外観は、最新のトレンドを盛り込みながら細部をアップデート。内装は、水平構成の力強いデザインと、オフロード走行に配慮した機能的レイアウトを継承しています。トヨタは内装について「オーナーを満たす室内空間を創出しました」と説明します。

 機能面は、高い操縦安定性を確保するため、ビークルスタビリティコントロール(VSC)、アクティブトラクションコントロール(A-TRC)、ヒルスタートアシストコントロール(HAC)、ダウンヒルアシストコントロール(DAC)といった駆動力、制動力制御システムを採用しました。

 さらにバックモニターや、先進運転支援機能「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」も採用。サスペンションの改良や6速ATの搭載により、優れたオフロード走破性を維持しながら、オンロードでの乗り心地も向上させています。

 新型ランクル70の価格(消費税込み)は、480万円です。なおトヨタでは、月販400台を基準に定めています。

 SNSでは、「うん、高すぎて無理だ」「480万か…高いなー」など、価格を見てため息をつく人が複数。

 また、「販売台数少なっ! 条件厳しいしレア車確定ですね」と納期の長期化を覚悟する人や、「ATのみが悩ましい。ぜひMTモデルも復活させてほしい」と要望する声もありました。

「結局、こういう車がかっこいい」「エンジンは新型なのね」「燃料タンク容量が130Lってどこまで走れるんだ」など、好意的な投稿や諸元に注目する人も多くいました。

【画像】めちゃカッコいい! トヨタ新型「ランドクルーザー70」を画像で見る(50枚以上)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー