三菱“新”「軽SUVワゴン」発売! 斬新「オシャレ2トーン」設定&“走りの”パドルシフト追加した「eKクロス」登場! 「eKワゴン」も同時に改良

三菱自動車は2023年11月24日、軽ハイトワゴン「eKクロス」「eKワゴン」の改良モデルを発売しました。どのようなモデルなのでしょうか。

安全装備刷新&新色追加! 「走りのパドルシフト」も追加に

 三菱自動車(以下三菱)は2023年11月24日、「eKクロス」「eKワゴン」の改良モデルを発表しました。
 
 両モデルとも同日より発売しています。

改良された「eKクロス」
改良された「eKクロス」

 三菱のeKシリーズは2001年に誕生。このうちeKワゴンはシリーズ中ベーシックな軽トールワゴンとして展開されています。

 現行型は4代目で、2019年3月に登場。先代同様、日産との合弁会社NKMVが企画・マネジメントし、日産では「デイズ」として販売されています。

 また、eKクロスはこのeKワゴンをベースにクロスオーバー風に仕立てたモデルで、全車ハイブリッドとなっているほか、ターボエンジン搭載モデルも設定しています。

 改良では、主に安全装備の充実化と機能装備の追加が行われています。

 eKクロス・eKワゴンともに、リアカメラとリアビューモニター付きルームミラーを全車標準装備。バックカメラ装着の義務化に対応しています。

 さらに、衝突時にドライバーの下肢を保護する運転席SRSニーエアバッグ、後席シートベルトのプリテンショナー機構も全車標準装備しました。

 また、衝突被害軽減ブレーキ「FCM」には自転車検知機能を追加しています。

 機能装備面では、eKクロスではステアリングヒーターを追加したほか、ターボ搭載モデル「T」「Tプレミアム」には新たにパドルシフトが装備され、変速操作が可能にました。

 エクステリアでは、2モデルとも新色が設定されています。

 eKクロスでは「ミストブルーパール/ブラックマイカ」「ナチュラルアイボリーメタリック/アッシュグリーンメタリック」「チタニウムグレーメタリック/サンシャインオレンジメタリック」「ライトニングブルーマイカ」の4色が追加され、計10色から選べます。

 eKワゴンでは、初の2トーンカラーとなる「ミストブルーパール/オークブラウンメタリック」「ナチュラルアイボリーメタリック/ブラックマイカ」「ライラックピンクメタリック/ホワイトソリッド」に加え、「ミストブルーパール」「ライラックピンクメタリック」が選べるようになり、合計11色展開となりました。

 eKクロス 改良モデルの価格(消費税込)は166万4520円から202万7520円、eKワゴンは138万9300円から160万3800円となっています。

【画像】めっちゃカッコイイ! 三菱「軽SUVワゴン」を画像で見る(63枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー