トヨタ新型「ド迫力巨大車」の“ヒーロー仕様”実車展示! 濃紺ボディがカッコいいカスタム「タコマ」米に登場

米国トヨタがSEMAショーでカスタムモデル「ブルービートル・タコマ」を披露しました。どのようなモデルなのでしょうか。

米SEMAショーで展示

 トヨタの米国法人は2023年10月31日、米ラスベガスで開催された世界最大級のカスタマイズカーショー「2023 Specialty Equipment Market Association Show(SEMAショー)」で、カスタムモデル「ブルービートル・タコマ」を披露しました。どのようなモデルになのでしょうか。

トヨタ「ブルービートル・タコマ」
トヨタ「ブルービートル・タコマ」

 タコマは1995年、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」の北米仕様という位置付けで発売。2004年に2代目、2015年に3代目が登場し、2023年5月に最新の4代目を初公開しています。

 4代目の新型タコマは、ボディタイプとして4ドアダブルキャブと、2ドアエクストラキャブを設定。

 パワートレインは、2.4リッター直列4気筒ターボエンジンを基本とし、出力・トルクはグレードによって異なります。

 最も性能が高いものはハイブリッドシステムを採用した「i-FORCE MAX」で、システム最高出力326馬力、最大トルク630Nmを実現しています。

 そして今回、実車が展示されたブルービートル・タコマは、ヒーロー映画『ブルービートル』(8月に米で公開)の宣伝ツアー用にデザインされたモデルです。

 タコマがヒーローの乗るクルマとして劇中に登場することから、米国トヨタとワーナー・ブラザース・ピクチャーズが今回、タコマ最新モデルの“スーパーヒーロー仕様”を共同制作しました。

 ベースは、最新の4代目タコマを採用。外観は、落ち着いた青をベースとしつつもピンクやマゼンダを散りばめることで、映画の「ブルービートル・スーツ」を連想させる鮮やかな色彩を再現しています。

 また、トヨタ純正のプレデターチューブステップと、エキゾーストチップを装着しています。

 SEMAショーは11月4日まで開催。トヨタは、ブルービートル・タコマのほか、「FJブルーザー」「レトロクルーザー」「タコマ×ランナーコンセプト」なども展示しました。

※ ※ ※

『ブルービートル』は、大学を卒業したばかりの平凡な青年が、人類を滅亡させ得る強大な力を秘めた古代異星人の兵器「スカラベ」を手にするところから始まります。

 青年は、そのスカラベに寄生されることにより、驚異的かつ予測不可能な力を持つアーマースーツ姿のヒーロー「ブルービートル」に変身して戦うことになります。

 同名のアメリカン・コミックスを実写化したもので、監督はアンヘル・マヌエル・ソト、脚本はギャレス・ダネット=アルコセル、主演はショロ・マリデュエニャ。

 映画は8月に米国で公開されていますが、日本では劇場公開されず11月29日からデジタル販売、12月20日にブルーレイ・DVDの発売と、DVD・デジタルのレンタルが始まる予定です。

【画像】超ゴツカッコイイ! トヨタ「ブルービートル・タコマ」を画像で見る(50枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー