ダイハツの「コンパクトミニバン」登場! 4.1m級ボディに3列! アンダー300万円で5速 MT設定もあり!? 「シグラ」尼で実車展示

2023年8月に開催された「インドネシア国際オートショー2023」で、ダイハツのインドネシア法人はコンセプトカーの新型「VIZION-F」を発表したほか、「アイラ」など同市場で展開する様々なクルマを展示。なかにはコンパクトなミニバン「シグラ」も含まれていました。どのようなモデルなのでしょうか。

ダイハツ「コンパクトミニバン」登場

 2023年8月10日から11日間にわたって開催された「ガイキンド(GAIKINDO・インドネシア自動車製造業者協会)インドネシア国際オートショー2023」で、ダイハツのインドネシア法人はコンセプトカーの新型「VIZION-F」や、ミニバンの「セニアLimited Edition」を発表したほか、「アイラ」など同市場で展開する様々なクルマを展示しました。
 
 そのほとんどが日本ではラインナップされないクルマですが、なかにはコンパクトなミニバン「シグラ」も含まれていました。どのようなモデルなのでしょうか。

めちゃ小さい! ダイハツ「シグラ」
めちゃ小さい! ダイハツ「シグラ」

 シグラは、2016年に登場したコンパクトなサイズの7人乗りミニバン。2022年5月まで25万7千台以上を販売しするなど、現地で支持を集めるクルマの一つです。

 ボディサイズは、全長4110mm×全幅1655mm×全高1600mmと、かなりコンパクトながら3列7人乗りを実現。ホイールベースは2525mmで、最低地上高は180mmに設定されています。

 エクステリアは、クラスを超えたエレガントでスポーティな仕上がり。インテリアは、シンプルで使い勝手の良いデザインとなっています。

 パワートレインは、最高出力88馬力・最大トルク11kgmを発揮する1.2リッター直列4気筒エンジンもしくは、最高出力67馬力・最大トルク9.1kgmを発揮する1.0リッター直列3気筒エンジンを設定。これに組み合わされるトランスミッションは、1.0リッターエンジンで5速MTのみ、1.2リッターエンジンで5速MTと4速ATを選択可能です。

 価格は、1.0リッターエンジン搭載車が1億3600万ルピア(約129万円)から、1.2リッター直列4気筒エンジン搭載車が1億5530万ルピア(約147万円)からです。

 今回展示されたのは、2022年7月にマイナーチェンジを受けた、シルバーのモデルでした。

※ ※ ※

 シグラについては同市場でトヨタ版となる「カリヤ」も存在します。コンパクトながら7人乗車が可能と、日本でも需要のありそうなシグラですが、2023年9月現在日本導入などの情報はなく、国外専売車種となっています。

【画像】めちゃカッコイイ! ダイハツの超コンパクトミニバン「シグラ」を画像で見る(15枚)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

4件のコメント

  1. また海外か。どうでもいいんだよ海外は。読みかけて損した感、大。

  2. インドネシアやインドの車記事が度々でてくる、思わず開くからますますでてくる悪循環。時間の無駄だ。

    • その値段で日本でも売ってくれよう

  3. ただの商用バンにしか見えない。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー