スバル新型「レイバック」初公開! ワゴンから派生した新型SUVの走りはどう? 「レヴォーグ」との違いはある?

スバル新型「レヴォーグ レイバック」の先行予約が開始されました。同車はワゴン車の「レヴォーグ」をベースとしたSUVですが、両車の走りの違いはどうなのでしょうか。

新型レイバックの走りはベース車とはまったく別物だった!?

 スバルは新型SUVの「レヴォーグ レイバック(以下、新型レイバック)」を初公開し、2023年9月7日より先行予約を開始しました。
 
 新型レイバックは、「くつろぐ」「ゆったり」「リラックスできる」という意味の「laid back」を語源として、都市型SUVがもつ豊かな時間や空間を大切にする気持ちをネーミングに込めたといいます。
 
 実際に走らせてみたところ、ネーミング通りのゆったりとした乗り味でした。

レヴォーグのSUV版としてラインナップに追加される新型「レイバック」
レヴォーグのSUV版としてラインナップに追加される新型「レイバック」

 新型レイバックの試乗は、アップダウンと適度に回り込んだカーブが続く「大佐渡スカイライン」(新潟県佐渡市)を封鎖して実施。

 ベースとなったワゴンも「レヴォーグ」と同じだろうと思い、新型レイバックで走り出してみると、思いのほかサスペンションが柔らかく感じます。

 ジャンプスポットやうねった路面が続くワインディングでは、サスペンションが適度に柔らかいことで、その凹凸をきれいに吸収し車内に不快な揺れが伝わってこないことに気がつきます。

 これがレヴォーグであればもう少し固めの印象になり、クイックにステアリングを切ってワインディングを攻めたくなりますが、ゆったりとした走りの新型レイバックだと、攻めたいという気持ちがあまり湧いてこなくて、ゆるやかに走って行こうというふうに気持ちが切り替わるのです。

 スバルグローバルプラットフォーム(SGP)とフルインナーフレーム構造を採用しているレヴォーグがベースなだけあり、新型レイバックもボディ剛性がしっかりしていて、ワインディングでもヨレたりする感覚は皆無です。

 新型レイバックに搭載されるエンジンは、レヴォーグと同じ1.8リッターガソリン直噴ターボエンジン(CB18型)。最高出力177馬力、最大トルク300Nmというスペックも同様です。

 なお、レヴォーグに設定がある2.4リッターガソリン直噴ターボエンジン(FA24型)は新型レイバックには設定されていませんが、1.8リッターターボエンジンで必要にして十分なエンジンパワーを持っていることがわかりました。

 新型レイバックはレヴォーグとは別のクルマだという意識を持って乗ってみると、しなやかな足回りも正解なのではないだろうかと思えてきます。

 新型レイバックの開発者に話を聞くと、操縦安定性と乗り心地の良さを追求したと言います。専用サスペンションはリバウンドスプリング付きのダンパーを用意。スプリングも地上高アップにともなった専用設定です。

 タイヤは、225/55R18のオールシーズンタイヤを装着。オールシーズンタイヤと言ってもほぼサマータイヤと同じパターンを持つタイヤのため、静粛性も高くゴツゴツした感じはありません。このタイヤの柔らかさが、緩やかな感じで良い仕事をしてくれるのです。

 聞くとサスペンションやタイヤなどは、クロスオーバーSUVの「クロストレック」の機構などを横展開してきたとのこと。言われてみれば、乗り味がクロストレックと似ていると思ったのですが、この話を聞いたあとにクロストレックに乗ってみると、確かに同じ乗り味であることが感じられます。

 また、レヴォーグの最上級グレード「STIスポーツ」に装着されている電子制御可変ダンパーは新型レイバックには搭載されません。

 同じ機構を用いたクロストレックには電子制御可変ダンパーは設定されていませんし、新型レイバック専用に開発するのではお金も時間もかかってしまい、販売価格を抑えるためには電子制御可変ダンパーの装着は見送られたということです。

※ ※ ※

 ステーションワゴンの派生SUVである新型レイバックは、デザイン的な違いはもちろんあるものの、レヴォーグと似ているだけに、両車のすみ分けが気になるところです。

 レヴォーグはスポーティな走りもこなせるツーリングワゴン、新型レイバックはゆったりとした味付けのSUVと性格が異なり、快適性を求める人には新型レイバックのほうが適していると言えるでしょう。

スバル・レヴォーグ のカタログ情報を見る

【画像】「えっ!」めっちゃカッコいい! これが新型「レイバック」です! 画像を見る(29枚)

えっ…!かっこよすぎる!すばるのニュースを見る!

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー