WRC最終戦「フォーラムエイト・ラリージャパン2023」が本年11月に開催! 「オフィシャル先行販売」が7月14日から開始へ

「フォーラムエイト・ラリージャパン2023」の観戦チケット「オフィシャル先行≪抽選≫販売」が7月14日から開始されました。

「オフィシャル先行≪抽選≫販売」が7月14日から開始へ

 2023年11月に開催されるFIA世界ラリー選手権(WRC)の最終戦「フォーラムエイト・ラリージャパン2023」。
 
 その観戦チケット「オフィシャル先行≪抽選≫販売」が7月14日から開始されました。

2023年11月16日から19日まで「ラリージャパン2023」が愛知県・岐阜県で開催される
2023年11月16日から19日まで「ラリージャパン2023」が愛知県・岐阜県で開催される

 2022年に12年ぶりの日本開催となったWRC「ラリージャパン」ですが、2023年11月16日~19日に2023年シリーズの最終戦として「フォーラムエイト・ラリージャパン2023」が開催されます。

 開催場所は、「サービスパーク」の豊田スタジアム(豊田市千石町)を拠点とし、SS区間は愛知県(豊田市、岡崎市、新城市、設楽町)、岐阜県(恵那市、中津川市)で行われます。

 なお開催(SS)スケジュールは以下の通りです。

—-
 ●11月16日(木)
 シェイクダウン:Kuragaike Park(鞍ケ池公園)
 SS1:豊田スタジアム

 ●11月17日(金)
 SS2/SS5:伊勢神トンネル
 SS3/SS6:稲武ダム
 SS4/SS7:設楽町
 SS8:豊田スタジアム

 ●11月18日(土)
 SS9/SS13:額田の森
 SS10/SS14:三河湖
 SS11/SS12:岡崎市
 SS15:新城市
 SS16:豊田スタジアム

 ●11月19日(日)
 SS17/SS22:旭高原
 SS18/SS20:恵那市
 SS19/SS22:根の上高原
—-

 フォーラムエイト・ラリージャパン2023のチケットに関しては、豊田スタジアムと山間SS・岡崎SSで細かく設定されています。

 そうした中で今回の「オフィシャル先行≪抽選≫販売」に先駆けて「開催地域限定先行≪抽選≫」の観戦チケット販売が行われていました。

 ここでは、開催6市町(愛知県豊田市、岡崎市、新城市、設楽町、岐阜県恵那市、中津川市)在住者からの応募が多くあったと言います。

 特に10倍を超える倍率となった「旭高原SS」を始め、2022年にファンから好評だった「三河湖SS」「伊勢神SS」等では、販売予定枚数を大きく上回る応募があったようです。

 なお「オフィシャル先行≪抽選≫販売」は2023年7月14日11時から7月25日23時59分まで行われ、当落発表は2023年7月28日に実施されます。

 なお、同じく7月14日11時より「ふるさと納税」での申込受付も開始。ふるさと納税寄附先は、愛知県豊田市、岡崎市、新城市、岐阜県恵那市です。

 また8月25日からは「公式サイト一般発売 《先着》」が行われる予定となっています。

【画像】ちょっと複雑? ラリージャパンのチケット料金&SSマップは写真で見る!(10枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー