横浜ゴム、EV専用ウルトラハイパフォーマンスサマータイヤ「ADVAN Sport EV」発売へ

横浜ゴムは、EV専用ウルトラハイパフォーマンスサマータイヤ「ADVAN Sport EV」を発売すると発表しました。

低電費とウエット性能、静粛性を両立させたEV専用のウルトラハイパフォーマンスサマータイヤ

 横浜ゴムは2023年7月12日、EV専用ウルトラハイパフォーマンスサマータイヤである「ADVAN Sport EV(アドバン・スポーツ・イーブイ)」を、2023年秋ごろから欧州などで順次発売すると発表しました。全16サイズの発売を計画しているとのことです。

EV専用ウルトラハイパフォーマンスサマータイヤ「ADVAN Sport EV(アドバン・スポーツ・イーブイ)」
EV専用ウルトラハイパフォーマンスサマータイヤ「ADVAN Sport EV(アドバン・スポーツ・イーブイ)」

「ADVAN Sport EV」は、横浜ゴムのハイパフォーマンスカー向けタイヤである「ADVAN Sport V107(アドバン・スポーツ・ブイイチマルナナ)」をベースに、EVをはじめとした電動車の代表的なニーズである「低電費」「静粛性」に応えるべく開発した、プレミアムEV向けウルトラハイパフォーマンスサマータイヤとのことです。

同社は、BMWやメルセデスAMGなどのプレミアムEVを含むさまざまな電動車向けに新車装着(OE)用タイヤを納入しており、「ADVAN Sport EV」にはそれらの開発で培った技術を惜しみなく投入したといいます。

「低電費」については、OEタイヤ開発で実績のある低転がり抵抗のコンパウンドを採用することで航続距離の拡大に貢献。また、ウエット性能も高い次元で両立しており、ぬれた路面での安全性を提供するとしています。

「静粛性」については、専用設計のポリウレタンフォーム「SILENTFOAM(サイレントフォーム)」をタイヤの内面に貼り付けることで、走行時に路面の凹凸により発生する空洞共鳴音を低減し、不快なノイズを減らすことで快適な車内空間を作り出すとのことです。タイヤサイドには「SILENTFOAM」の刻印を施し、トレッドパターンについては、ハイパフォーマンスカー向けのOEタイヤおよび市販用タイヤとしても定評のある「ADVAN Sport V107」のデザインを踏襲しています。

「ADVAN Sport EV」は、同社が新たに展開する電動車対応商品であることを示す独自のマーク「E+(イー・プラス)」を採用した第1弾となる商品。「E+」マークは「低電費」「静粛性」など電動車に特徴的なニーズに対応する技術を搭載したタイヤについて、タイヤサイドへマークを打刻するほか、カタログやウェブサイトなどに表示して、顧客のタイヤ選びをサポートするとのことです。

【画像】不快なノイズを減らす「SILENTFOAM」の装着イメージと、発売を予定しているタイヤサイズ一覧を見る(6枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー