いすゞの「伝説的SUV」が“めちゃオシャ”になって登場! SF映画から飛び出てきたような「ビークロス」の“内外装カスタム仕様”米で落札

衝撃のデビューから26年、いすゞ「ビークロス」がアメリカのオンラインオークション、カーズ・アンド・ビッズで、2万1472ドル(約288万円)で落札されました。どのような個体なのでしょうか。

実はめちゃ“手づくり”だったいすゞ「ビークロス」

 衝撃のデビューから26年、いすゞ「ビークロス」がアメリカのオンラインオークション、カーズ・アンド・ビッズに登場。広範囲にわたってカスタマイズされたワイルド仕様で、2万1472ドル(約288万円)で落札されました。

カーズ・アンド・ビッズで落札されたいすゞ「ビークロス」(Photo:Cars and Bids)
カーズ・アンド・ビッズで落札されたいすゞ「ビークロス」(Photo:Cars and Bids)

 ビークロスは1997年に発売された個性派SUVです。当時の価格は295万円(税別)。SF映画から飛び出てきたようなスタイリングが、大きな話題を呼びました。

登場から2年後の1999年、日本での販売は終了しましたが、代わってアメリカ向けに販売が始まりました。カーズ・アンド・ビッズによると1999年から2001年の間でアメリカ向けに4153台が生産されたといい、そのうちの1台が今回の車両です。

 タイヤや、ホイール、サスペンションなどをサードパーティー製に変更することで約7.6cmのリフトアップを図るとともに、1万ポンド(約4535kg)対応のウインチを装着し、悪路での機動性と見た目の迫力をより高めています。

 再塗装された鮮やかなボディカラーは、ポルシェのガルフブルーと呼ばれるもので、それと同じカラーがインテリアのレザーステッチなどに使われています。

 走行距離は14万8800マイル(約23万9500km)。走り込んでいますが、再塗装に加えて、シート表皮の張替え、ウェザーストリップ(ドア開口部などシール材)の交換など、手入れが隅々まで行き届いているので、経年劣化を感じさせません。

 ビークロスが開発された背景には、乗用車の売れ行き不振に陥ったいすゞの「選択と集中」がありました。いすゞは今でこそトラック、バスを主体とする商用車メーカーですが、かつては乗用車の開発生産もしており、戦前はトヨタ、日産と並んで「自動車御三家」と呼ばれていました。

 乗用車部門にメスが入ったのは1990年代前半。セダンとクーペの自主開発を休止し、SUVに注力します。当時、SUVのラインナップは「ビッグホーン」「ミュー」「ミューウイザード」でした。

 そこに「新世代いすゞ」を象徴する、超未来志向のコンセプトカー「ヴィ―クロス」が1993年の東京モーターショーで披露され、脚光を浴びます。このコンセプトカーを、頑丈なラダーフレーム構造で市販化したのが“ビークロス”というわけです。

 ボディタイプは2ドアのみで、駆動方式も4WDのみの設定。ボディパネルのすり合わせをはじめ、多くの工程で熟練者による手作業を要するため、1日に可能な生産台数はわずか10台程度。珍車にして名車です。

【画像】オシャレすぎる…! “もはや懐かしい”いすゞ「ビークロス」を画像で見る(56枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー