アルヴェル超えの超高級ミニバン「紅旗HQ9」日本発売!? 豪華セダンH5&H6も上陸間近…! 大阪店オープン1年のいま

2021年2月にはフルサイズセダン「H9」をもって日本の乗用車市場に進出を果たした中国の自動車ブランド「紅旗」。同年12月には大阪ショールームをオープンして大きな話題となりました。それから1年、現在の状況はどのようなものなのでしょうか。

紅旗大阪ショウルーム開設から1年、現状はいかに

 最近では、2022年に韓国の「ヒョンデ」、2023年に中国の「BYD」といった自動車メーカーが続々と日本で本格販売を開始しています。
 
 その一方で中国の最高級自動車ブランドとなる「紅旗」は、2021年から日本で販売を展開していますが、2023年はどのような展開があるのでしょうか。

超ド迫力な高級ミニバン「HQ9」はすでに日本で5台の受注があるという
超ド迫力な高級ミニバン「HQ9」はすでに日本で5台の受注があるという

 紅旗は、中国で最初に誕生した自動車メーカー「第一汽車」が1953年より展開しており、以来、数多くの中国要人に愛されてきました。

 2021年2月にはフルサイズセダン「H9」をもって日本の乗用車市場にも進出を果たし、大きな話題となりました。

 上陸したH9は排ガス検査や加速騒音検査などの各種検査に合格し、道路運送車両法で定められている保安基準にも適合しています。

 2021年5月には晴れて交付が実現しました。H9に続いて日本に上陸したSUV「HS7」も2022年5月に同様にナンバープレートが交付され、日本を走る紅旗の数はますます増えています。

 2021年12月には大阪にショールーム「紅旗エクスペリエンスセンター」をオープンさせ、日本市場におけるアピールを加速させています。

 今回は紅旗エクスペリエンスセンター開設1周年を記念し、紅旗の日本における事業を担当している王力(おう・りき)氏に、ここ1年の紅旗のあゆみ、そして今後の展望について伺いました。

―― 紅旗のショールームが大阪に開設されてから1年、紅旗の日本上陸からもうすぐで2年となりますが、現在までに何台の紅旗が日本で販売されましたか。

 合計40台ほどを納車しました。

 もっとも売れているのがH9で、日本ではすでに30台走っています。

 その次に人気なのがSUVのHS7です。また、新モデルも数台受注しており、納車待ちの段階にあります。

―― 紅旗は本国で続々と新車種を発表していますが、2023年はどのような新モデルが日本に入る予定ですか。

 紅旗初のミニバンHQ9を5台ほど受注いただいています。

 また、新型H5も1台購入され、2023年1月には日本に上陸する予定です。

 2022年12月に発表されたばかりのH5がベースとなる4ドアクーペ『H6』もすでに注文いただいています。

 ただ、HQ9は日本の保安基準適合に際して合わせる箇所があり、いつごろ日本に入ってくるかは現在のところは不明な状況です。

中国の高級ブランド「紅旗・H9」が日本に上陸した様子。写真は、最初の3台
中国の高級ブランド「紅旗・H9」が日本に上陸した様子。写真は、最初の3台

―― 紅旗を購入される方はどのような方が多いですか。

 購入された人はほぼ中国人か華僑の人で、日本人の購入者はごく少数です。

 紅旗のカーナビやインフォテインメントシステムは日本語に対応していないため、日本人には売りにくいという事情もあります。

―― 実際の反応はいかがですか。

 かしこまった形式でお客さんに聞いたことはありませんが、皆さん大変満足されています。

 やはり、日本で中国製のクルマに乗ること、それも最高級車ブランドである紅旗に乗れることに高い価値を感じていただいていると思われます。

 また、日本における華僑コミュニティの間でも紅旗の噂は広まっており、購入を決めるお客さんはどんどん増えています。

【画像】アルヴェル超え? ド迫力グリルの高級ミニバン「HQ9」 その存在感ある実車を見る!(65枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事