ダイハツ「どこでも車中泊軽」まさかの「船仕様!?」 ボート搭載の「動く探検基地」とは! TAS2023に登場

2023年1月13日から3日間開催されている東京オートサロン(千葉・幕張メッセ)のダイハツブースでは、さまざまなクルマが展示されています。なかでも、アトレーカスタムカーには驚きの特徴があるといいます。どういったものなのでしょうか。

ダイハツ「アトレー」驚きの「船仕様」とは!

 2023年1月13日から15日の3日間、東京オートサロン2023(千葉・幕張メッセ)が開催されています。
  
 なかでもダイハツブースでは、軽キャブオーバーバン「アトレー」の「船仕様」が出展されています。どういったカスタムカーとなっているのでしょうか。

ダイハツ「アトレー」まさかの「船仕様」とは!?
ダイハツ「アトレー」まさかの「船仕様」とは!?

 今回のダイハツのテーマは「DAIHATSU VILLAGE2023 夢ふくらむ、はじけるダイハツ」。

 クルマごとの個性をカスタマイズとブース装飾で強調し、オンラインと連動し、より多くの人々にクルマがあることで広がる楽しさを感じてもらえるブースとなっています。

 展示車両のひとつには2021年12月に全面刷新された軽キャブオーバーバン、アトレーをベースとしたカスタムカー「ATRAI WILDRANGER」が出展。

 アトレーというと、先代モデル(5代目アトレーワゴン)では軽乗用車として展開されていましたが、商用車ならではの広い荷室空間と350kgの最大積載量を活用するため、今回のフルモデルチェンジで軽商用車(4ナンバー車)化を実現しています。

 そんななか今回登場したカスタムカーは、「動く探検基地」がコンセプト。展示車はカーキとブラックを基調とし、遠くまで探検していけるようなミリタリーさが感じられるデザインとなっています。

 またこのクルマにはボートが備わっており、ルーフには逆さになったボートが積載されています。脇にはボートを漕ぐためのオールも装備。

 今回の新型アトレーのカスタムカーについて、ダイハツの担当者は以下のように話します。

「このクルマは探検したい、1人乗りの冒険車というのがテーマです。

 陸だけでなく、水辺も行けるようにルーフにボートが備わる仕様となっています」

 東京オートサロン2023では、ルーフの上の船の取り外す様子は確認できませんでしたが、取り外し方について前出の担当者は以下のように話します。

「上にネジのようなものが取り付いていて、そこを緩めることで簡単にボートの取り外しが可能となっています」

※ ※ ※

 今回のアトレーカスタムカーの発売について、前出の担当者は「こうしたカスタムカーに多くの反響をいただければ検討する可能性があります」と話します。

 オートサロン展示では、すでに訪れるユーザーから多くの反響があるようで、今後もしかするとアトレー「船仕様」の登場の可能性があるかもしれません。

ダイハツ・アトレー のカタログ情報を見る

【画像】ダイハツ軽、ルーフに船を積んでるってどういうこと!? 「船仕様」実車を画像で見る! (11枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント