スズキ新型「ジムニー5ドア」世界初公開! メッキグリル&ボディ延長に驚愕! 「待っていた」の反響多し! インド発表で注目も日本は?

2023年1月11日からインド・デリー近郊で開催されている「Auto Expo 2023」にてマルチ・スズキ・インディアは、新型「ジムニー5ドア」を世界初公開しました。

新型「ジムニー5ドア」世界初公開で気になるのは発売される時期や国、日本は?

 スズキの子会社となるマルチ・スズキ・インディアは、2023年1月11日からインド・デリー近郊で開催されている「Auto Expo 2023」にて新型「ジムニー5ドア」を世界初公開しました。

きた~! ついに新型「ジムニー5ドア」がインドで世界初公開された
きた~! ついに新型「ジムニー5ドア」がインドで世界初公開された

 現行ジムニーは、2018年に4代目へとフルモデルチェンジ。欧州や大洋州などへも輸出するなど、世界中の皆様から支持されています。

 また。インドでも2020年11月より輸出専用車として生産開始し、アフリカや中南米などへ輸出してきました。

 日本では本格的な四輪駆動車の機能と走破性を高めた軽四輪駆動車となジムニーと1.5リッターエンジンを搭載した小型四輪駆動車となるジムニーシエラがラインナップされています。

 ジムニーシリーズは、半世紀に及ぶジムニーならではのこだわりと技術を継承しつつ、ジムニーに求められる本格的な四輪駆動車としての性能をさらに進化させてきました。

 その一方でジムニー伝統の車体構成となる「ラダーフレーム」、「FRレイアウト」、「副変速機付パートタイム4WD」、「3リンクリジッドアクスル式サスペンション」を継承しています。

 海外では日本名のジムニーシエラがジムニーとして展開されてきましたが、全世界で3ドアのみの展開となっていました。

 しかしながら、多くのユーザーからは5ドア仕様の投入が期待されていたなかで、今回新たに新型「ジムニー5ドア」としてお披露目されたのです。

 新型ジムニー5ドアは、リヤドアを設けた新規の5ドア仕様となり、後席には専用のリヤシートや内装を採用しました。

 インドにおいて、ユーザーが求める本格的な四輪駆動車としての走行性能を備えるとともに、幅広いユーザーがレジャーを楽しみ、ライフスタイルを表現するための道具として選ばれるデザイン&装備を採用しています。

 ボディサイズ(インド仕様車)は、全長3985mm×全幅1645mm×全高1720mm、ホイールベース2590mmです。

 パワートレインは、1.5リッターガソリンエンジンに4ATもしくは5MTを組み合わせています。

 そうしたなかで、SNSではさまざまな反響が出ていますが、とくに多いのが「ついに出たか」「5ドアそそられる」というような声です。

 後席シートに関しては「3ドアの後席と5ドアの専用シートは何が違うのか」という既存仕様との違いに対する反響も見られます。

 そして、日本のユーザーからは「日本発売があるのか」という部分を気にする声も見受けられます。

 現時点で新型ジムニー5ドアの動向について、スズキは次のように説明しています。

「マルチ・スズキは2023年度よりジムニー5ドアを順次販売開始します。これによりマルチ・スズキのSUVのラインアップは2モデルから4モデルに拡充し、拡大が見込まれるインドのSUVセグメントにおいても、多様な選択肢をお客さまに提供していきます。またアフリカ、中南米などに輸出する予定です」

※ ※ ※

 このことから、当面の間はインド市場ならびにアフリカ、中南米に先行投入すると見られますが、日本での注目度も高いことから日本市場への導入も期待されます。

スズキ・ジムニー のカタログ情報を見る

スズキ・ジムニーシエラ のカタログ情報を見る

【画像】これが「ジムニー5ドア」だ! 全長伸びた斬新デザインが凄い! 実車を見る!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ホイールベースとタイヤの位置を見ると、クロカンすると摺りまくりで嫌になりそうだな。長くなっただけでは走破性は落ちるだけだから。横幅を大きくして後ろを5人乗りにしてくれたら、走破性は確保できただろうに。日本の林道は狭いといっても1800mmぐらいなら、たいていの林道は困らないはずだからなぁ。
    あと、曲がったり折れたりしやすいホーシングを何とかしてくれないと、1人で林道に行く気にはならないかよわい車というところも改良してもらえないかな。