スズキが新型「ジムニー5ドア」世界初公開! 存在感ある全長4m以下の「ロングボディ」が凄い! 1.5L仕様をインドでお披露目

2023年1月12日、スズキのインド法人マルチ・スズキは新型「ジムニー 5ドア仕様」を世界初公開しました。かねてから待ち望まれていた5ドア仕様にはどのような特徴があるのでしょうか。

ジムニー5ドアモデルがインドで初公開

 スズキのインド法人マルチ・スズキは、ニューデリーで開催されている「オートエキスポ2023」にて、新型「ジムニー(5ドア仕様)」を世界初公開しました。
 
 かねてから登場が噂されていたジムニーの5ドア仕様とは、どのようなモデルなのでしょうか。

ついに登場!インドで世界初公開された新型「ジムニー5ドア」
ついに登場!インドで世界初公開された新型「ジムニー5ドア」

 ジムニーは1970年に初代が登場以来、コンパクトなボディに、ラダーフレームや副変速機付きパートタイム4WDシステムを採用するなど、本格的な四輪駆動車として名高いクルマです。

 1981年から1998年まで販売していた2代目モデルはインドをはじめ海外市場でも展開。通常の軽自動車モデルに加え、ボディサイズ・エンジンを拡大した普通車モデルの「ジムニーシエラ」を新たに設定し、国内外でも販売していました。

 2018年には現行モデルが登場。走行性能はそのままに、原点回帰したようなスクエアなデザインに丸目ヘッドライトを装備。

 クラシカルな雰囲気をもたせつつ、衝突被害軽減ブレーキや誤発進抑制機能などの先進運転支援「スズキセーフティサポート」を設定するなど、現代にふさわしい安全性能も兼ね備えて登場しました。

 今回オートエキスポ2023で初公開されたジムニーは従来の3ドア仕様ではなく、後部にリアドアが追加された5ドア仕様となっていることが大きな特徴です。

 元々ジムニーシリーズは、かねてより居住性や積載性、利便性を高めた5ドア仕様を待ち望む声がありました。

 そうしたなかで2022年末には海外でプロトタイプと思わしき5ドアジムニーの走行している様子が目撃されるや否や、瞬く間に話題となりました。

 初公開された新型ジムニー5ドアのボディサイズは全長3985mm×全幅1645mm×全高1720mm。

 リヤドアを設けた新規の5ドア仕様となり、後席には専用のリヤシートや内装を採用していることが特徴です。

 パワートレインは1.5リッターガソリンエンジンに4速ATまたは5速MTが組み合わされます。

 ボディカラーはモノトーンとデュアルトーンが用意され、7色展開となる模様です。

 マルチ・スズキは2023年度から順次販売開始を予定しており、アフリカ、中南米などに輸出する予定だと明かしています。

 そのほかの詳細な仕様については今後明らかになると見られ、切望するファンも多かったことから日本国内でも展開されるのか、期待が膨らみます。

スズキ・ジムニー のカタログ情報を見る

スズキ・ジムニーシエラ のカタログ情報を見る

【画像】ついに5ドアジムニー世界初公開! 長くなった実車を見る!(55枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. やっと販売国内はまだまだ先?しかし4速AT残念!!今どき古いねただただ残念!

  2. こうなるならエスクード無くさなきゃよかったのにね
    売れてなかった訳でもないのに、なんでやめちゃったんだろう?

  3. そんなに騒ぐほどの車か?オレは74に乗ってますけど