トヨタが新型「クラウン オフロード仕様」を初公開! 新「AE86」&アウトドア「RX」も初披露!? クルマ好きに向けたモデルを展示

トヨタ・レクサス・GRは、「東京オートサロン2023」と「TOKYO OUTDOOR SHOW 2023」でさまざまなモデルをお披露目しました。「トヨタはクルマ好きを誰ひとり置いていかない」を共通テーマとした驚きのモデルとはどのようなものなのでしょうか。

トヨタ・レクサス・GRがクルマ好きを置いていかない!

 2023年1月13日から15日に開催される「東京オートサロン2023」にTOYOTA GAZOO Racing(以下TGR)とレクサス、併催される「TOKYO OUTDOOR SHOW 2023」にレクサスとトヨタがそれぞれの特徴を活かしたモデルをお披露目しました。
 
 どのようなモデルがお披露目されるのでしょうか。

まさかトヨタ自ら新型「クラウンクロスオーバー」のオフロード仕様を初公開! その意図は?
まさかトヨタ自ら新型「クラウンクロスオーバー」のオフロード仕様を初公開! その意図は?

 今回、両イベントでは「トヨタはクルマ好きを誰ひとり置いていかない」を共通テーマとして「愛車を守るカーボンニュートラル」、「モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり」、「愛車と楽しむ多様なライフスタイル」の3つのコンセプトに沿った車両やパーツなどがお披露目されました。

 なかでも、レクサスとトヨタが初出展するTOKYO OUTDOOR SHOW 2023では、レクサスがカーボンニュートラル社会の実現に向け、「自然を理解し、楽しみ、守っていくアウトドア体験をお届けしたい」という想いの下、大自然と共生しながらアウトドアライフスタイルを彩るクルマの楽しさと、さまざまな体験を提供する「OVERTRAIL PROJECT」をメインとして展開されます。

 OVERTRAILとは、陸路や森林・原野などの未舗装路を意味するOVERLANDとTRAILを組み合わせ、自然との繋がりや道を切り開くイメージを付与した造語です。

 レクサスは、OVERTRAIL PROJECTをスタートさせることでライト層からヘビーキャンパーまで幅広いアウトドアライフスタイルに寄り添うことを目指すといいます。

 またカジュアルからエクストリームまでクルマを中心としたあらゆるアウトドア体験をカバーしていくようです。

 今回のブースでは、アウトドアを盛り上げてきたさまざまなブランド・ギアと連携して、デイキャンパー、ライトミドルキャンパー、ブラッシュクラフトハードキャンパー、オフロードをコンセプトとしたモデルが展示されました。

 ライトミドルキャンパー向けには、ラグジュアリーSUVとなる「RX」をベースにアウトドアをより楽しめるようなカスタマイズが施されています。

 スキッドプレートやオフロードタイヤ&ホイールやルーフテントなどを装着することで、アウトドアライフスタイルを彩ります。

 ブラッシュクラフトハードキャンパー向けとなるのは、北米を中心に販売される3列シート最大7人乗りのSUV「GX」をベースにアウドドア仕様に仕立てたモデルです。

 オフロード向けとして移転時される「ROV(レクリエーショナル・オフハイウェイ・ビークル)」は、2021年10月14日に発表されたのコンセプトモデルを進化させたものとなります。

 ROVとは、乗車定員が2名以上かつステアリングホイールを装備するモデルとなり、レクサスのROVは二酸化炭素がほぼ発生しない水素エンジンを動力源に採用していることが大きな特徴です。

 これにより、地球環境への配慮とエンジン音を伴うオフロード走行の楽しさを両立するほか、レスポンスの良さと、五感を刺激するサウンドを楽しみながら、オフロード車でも行けない場所に一歩踏み込み、自然と触れ合うことで、自然と共生しながら走りを楽しむライフスタイルを実現します。

※ ※ ※

 またデイキャンパー向けには2022年7月に世界初公開となり、同年9月から発売されている新型「クラウンクロスオーバー」のオフロード仕様が展示されました。

 新型クラウンクロスオーバーは、従来のセダンとSUVを合わせたようなこれまでにないボディスタイルが特徴ですが、そのクラウンクロスオーバーをオフロードやアウトドアの世界観に合わせた今回の仕様には多くの関心が寄せられていました。

【画像】これが新型クラウンオフ仕様!? さらに謎のAE86やオシャRXなどの実車を見る!(30枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント